野草茶

野草茶

健康茶「ウツボグサ茶」の効果・効能

ウツボグサ茶に用いられるウツボグサは、ほぼ日本全土に自生するシソ科の多年草です。 夏に紫色の唇形花の花を咲かせこの花を乾燥させたものは利尿作用などがあるとして生薬としても利用されています。
野草茶

健康茶「キンミズヒキ茶」の効果・効能

キンミズヒキ茶に利用するキンミズヒキはバラ科の多年草で夏に黄色の小花が稲穂のように細長くつく様からキンミズヒキ(金の水引)に似ていることからこの名がつけられたと言われています。
野草茶

健康茶「ワレモコウ茶」の効果・効能

ワレモコウ茶に用いるワレモコウ(吾亦紅)は草地に自生するバラ科の多年草です。 秋に穂状の暗紅色の花をつけワレモコウの乾燥させた根には生薬としても利用されています。
野草茶

健康茶「アマドコロ(甘野老)茶」の効果・効能

アマドコロ(甘野老)茶に使用するアマドコロは、山地に自生するユリ科の多年草で春に釣鐘状の花を咲かせます。 根茎を乾燥させたものは滋養強壮剤などに効果があると言われています。
野草茶

健康茶「オトギリソウ(弟切草)茶」の効果・効能

オトギリソウ茶に使用するオトギリソウ(弟切草)はほぼ日本全国で見られるオトギリソウ科の多年生植物です。 夏に黄色い花を咲かせ乾燥させたものは小連翹という生薬で止血薬として利用きました。
野草茶

健康茶「ツユクサ(露草)茶」の効果・効能

ツユクサ茶にするツユクサ(露草)とは夏の野原などでよく見られるツユクサ科の一年草です。 初夏から秋口にかけて涼しげな青い花を咲かせます。 食材としては若芽をはおひたしなどにするほかお茶にして飲むことで解熱効果などがあることで知られています。
野草茶

健康茶「イノコズチ(猪の子槌)茶」の効果・効能

イノコヅチ茶に利用するイノコズチ(猪子槌)とは本州、四国、九州などに分布し主に山地や藪の中の日陰に自生するヒユ科の多年草です。 夏から秋にたくさんの小さな緑色の花をつけます。 利尿作用などがあり漢方薬としても利用されます。
野草茶

健康茶「ノビル(野蒜)茶」の効果・効能

ノビル茶に利用するノビル(野蒜)はネギ属の多年草でネギにも似ているが地下に球根(鱗茎)があり若芽と球根部分が和え物やおひたしなどの食材として利用されます。
野草茶

健康茶「クミスクチン茶」の効果・効能

クミスクチン茶に利用するクミスクチンとは中国南部、インド、東南アジアに分布するシソ科の低木多年草です。 日本でも花屋やの店頭でもよく見かけおしべの形がピンと伸びた猫の髭ににていることから、「ネコノヒゲ」とも呼ばれています。
野草茶

健康茶「ハハコグサ茶」の効果・効能

ハハコグサ茶に利用するハハコグサは日本全国に道端や水田などで見られるキク科の越年草です。 春の七草のひとつで日本人にとってなじみの深い植物です。 4~6月にかけて、黄色い花を咲かせます。
タイトルとURLをコピーしました