健康茶「クチナシ茶」の効果・効能

ハーブ

クチナシ茶 に用いるクチナシはアカネ科の常緑低木です。
独特の香りがあり園芸用として栽培されるほか乾燥させた
果実は生薬としても利用されています。

  クチナシ茶の主な有効成分

・クロシン
・マンニット
・ガルデノシド
・ゲニポサイド
・クロチン
・フラボノイド
・脂肪油

 

  クチナシ茶の効果・効能

■不眠解消
クチナシ茶に含まれるゲ二ポサイド(イリドイド
配糖体)には鎮静作用があるためにより、不眠の
解消が期待できます。

■高血圧予防
クチナシ茶に含まれるゲニポサイドには血圧降下作用
があるため高血圧の防止・予防に役立ちます。

■肝炎改善
クチナシ茶に含まれるゲ二ポサイド・クロチンの胆汁の
分泌を調整する働きによって肝炎の改善に効果があると
言われています。

■アンチエイジング
クチナシ茶に含まれるフラボノイドには抗酸化作用があり
老化を予防する働きもあります。

他にもクチナシ茶には

● 解熱作用
● 消炎作用
● 利尿作用
● むくみ改善
● 血尿改善
● 高血圧予防
● 黄疸改善
● 鼻血改善
● 高血圧改善
● 止血作用
● 鎮痛作用
● 胆汁分泌促進
● 整腸作用
● のどの痛み軽減

などの効能があると言われています。

 

スポンサードリンク



  クチナシ茶の作り方

①秋(10月頃)熟した実を収穫します。

②きれいに洗って日干しにします。

③乾燥したら清潔な瓶などに保存します。

 

  クチナシ茶の淹れ方

煮出す場合

①やかんにクチナシの茶と水600mlを入れ火にかけます。

②沸いたら火を弱め5分~7分ほど煮詰めてから飲みます。

急須で淹れる場合

①急須にクチナシの茶葉をいれ熱湯を注ぎます。

②5分ほど蒸らしてから飲みます。

 

クチナシはベルベットのような花びらと芳香が特徴です。
秋につける赤い実は漢方でも古くから利用されています。

クチナシ茶はまろやかでやや苦みのある味です。
血圧が高めの方、リラックスしたい方、神経が高ぶって
寝付けない方などにおすすめの健康茶です

 


 

こちらの記事もおすすめ

自家製 オレンジ酒の作り方と保存方法
フレッシュな果実は生食されるほかジュースやジャム、スムージーなどに利用されます。オレンジには美肌・美白効果や風邪予防効果のあるビタミンCや疲れ予防に効果的なクエン酸などが豊富に含まれています。
ハーブティー「赤ブドウの葉ティー」の効果・効能
赤ぶどう(red grapes)は、ヨーロッパ、地中海などを原産とするブドウ科 ブドウ属のつる性落葉低木で英名 CommonGrape(コモン・グレープ)と呼ばれています。成分のアントシアニンには強い抗酸化があり目の健康やアンチエイジングに
切り干し大根の作り方ともどし方
大根は一年中スーパーの店頭に並んでますが旬は冬です。冬の大根は水分を含み甘くておいしくて安価です。冬は湿気が少なくきれいに乾燥することができます。
ハックルベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
https://shun-yasai.com/broccoli-sprout
おいしくて簡単「蕪」の昆布漬けを作ってみよう!!
蕪にはβ―カロテンが含まれており、老化予防や生活習慣病の予防、目や髪の健康などを護る働きが期待されます。またビタミンCも豊富に含まれており免疫効果を高めてくれます。

 

スポンサードリンク




タイトルとURLをコピーしました