健康茶「石榴(ザクロ)茶」の効果・効能

健康
Pocket
LINEで送る

石榴はミソハギ科の落葉小高木の果実で冬に赤い実を
つけます。
世界各地で栽培されており日本には中国から伝わった
と言われています。

石榴

  石榴茶の効成分

・エストロン
・エストラジオール
・イソフラボン
・カリウム
・クエン酸
・グラナチンA
・リンゴ酸
・ペレチエリン
・イソペレチエリン
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ナイアシン

 

  石榴茶の効能

■美肌効果
石榴茶に含まれるエストロンのコラーゲンの生成を助け
メラミンを抑制、豊富に含まれるビタミンCが美白、美肌
効果に役立ちます。

■高血圧予防
石榴に含まれるカリウムには血圧降下作用があり
高血圧の予防に繋がります。

■疲労回復
石榴に含まれる酸っぱい成分のクエンには疲労回復を
助ける作用があると言われています。

■更年期障害の予防
石榴茶に含まれるエストラジオールが女性ホルモンと
同様の働きをしてくれることによって更年期障害の予防
にも効果があります。

■アンチエイジング
石榴茶に含まれるエストラジオールにはがコラーゲンの
生成を助ける働きがありアンチエイジング効果もあると
言われています。

■骨租髪症予防
石榴茶に含まれるエストロンにはルシウム溶解防止作用
あり骨租髪症予防に役立ちます。

その他にも石榴茶には
● 冷え性改善
● 不妊症改善
● 駆虫作用
● 動脈硬化予防
● 口内炎予防
● 扁桃炎予防
● 下痢止め効果
● 毛髪の成長促進
● 利尿作用
● 生理不順解消
● 骨粗鬆症病予防
● 抗アレルギー作用
● 血圧降下抑制作用
● 腸内筋肉の運動補助

などの効能もあると言われています。

 

スポンサードリンク



  ザクロの食べ方は

石榴の薬用部は果皮、樹皮、根皮のありますが
石榴茶には果実を使用します。

冬期(11月頃)果実を採取します。
季節になると店頭にも並びますのできれいな石榴を
見つけたら作ってみましょ

ざくろ

  石榴茶の作り方

①果皮を除き赤い実を取り出し水洗いします。

②急須に石榴の実を入れお湯を注ぎます

③5分ほど蒸らしてからいただきます。

その他お好みではちみつやレモン汁など入れたりして
お好みの味を見つけてみましょう。

石榴茶

 

  石榴ジュースの作り方

①果皮を除き赤い実を取り出し水洗いします。

②ざるに入れて・スプーンなどでつぶす
・ジューサーにかける
・袋に入れてもむ
などやりやすい方法でジュースにします。

石榴100パーセントジュースの出来上がりです。
好みで炭酸水で割ったり、ヨーグルトにかけたりと
いろいろ使ってみましょう。

 

古代ローマ時代から愛用されてきたという石榴茶には女性
ホルモンのエストロゲンが豊富に含まれており
美肌、美白、冷え性改善、生理不順の解消など女性のため
のお茶ともいえる健康茶です。
またノンカフェインなので妊婦さんやカフェインが気になる
方も安心して飲むことができます。

 

 

こちらの記事もおすすめ

アメリカンチェリージャムの作り方と保存方法
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。これらの果物をジャムにすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。素材だけで手作りしたジャムは安心して食べられます。コツをつかめば簡単にさまざまな果物をジャムに
ハーブティー「ミントティー」の効果・効能
ミント(mint)はユーラシア大陸を原産とするシソ科の多年草で日本ではハッカ(薄荷)と呼ばれています。爽快感のあるミントはガムなどでよく知られています。  ミントティーの主な有効成分・ミントポリフェノール・メントール・メントン・ルテオリン・
ドライデーツの作り方ともどし方
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。野菜や果物には乾燥することによ
洋梨の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
ふきのとうの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の野菜をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野菜が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の野菜が一番安価で
おいしくて簡単「アミの佃煮」を作ってみよう!!
日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物は安全で格別です。日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜や果物が手に入ります。材料

 

スポンサードリンク



Pocket
LINEで送る

タイトルとURLをコピーしました