美肌効果で人気の「ローズヒップティー 」の効能・効果

生活習慣病
Pocket
LINEで送る

植物の中では他に類を見ない豊富にビタミンCを含む
女性に大人気の健康茶ローズヒップティー
その効能・効果について調べてみました。

ローズヒップとはバラ科バラ属の果実です。

ローズヒップ

  ローズヒップティー有効成分

・ビタミンA
・ビタミンB
・ビタミンC
・ビタミンD
・ビタミンE
・ビタミンK
・ビタミンP
・カルシウム
・鉄分
・βカロチン
・リコピン
・αリノレン酸
・クエン酸

 

  ローズヒップティーの効能

■美肌効果
ローズヒップティーに含まれるビタミンEが肌を
生まれ変わらせるターンオーバーを促進すること
によって美肌効果があると言われています。

■生活習慣病予防
ローズヒップティーに含まれるトマトの約20倍とも
言われるリコピンが
活性酸素の働きを抑えて除去する働きがあるため
その抗酸化作用によって生活習慣病を予防します。

■むくみの改善
ローズヒップティーに含まれるビタミンCとクエン酸
は、むくみの改善にも優れた効果を発揮します。

ローズヒップ

このローズヒップティーの豊富なビタミンCと
ビタミンEの相乗効果によって

● にきび跡の修復
● 肌の新陳代謝
● 毛穴の開きを解消
● 黒ずみを解消
● 肌の新陳代謝促進
● シミの予防
● 便秘の解消
● 日焼け防止
● しみ・そばかすの予防
● 貧血・めまい予防
● 免疫力低下の防止
● 感染予防
● 抵抗力の回復
● 皮膚や粘膜の強化
● ストレスの解消
● リラックス効果
● ホルモンバランスを整える
● 生理痛の緩和
● 眼精疲労、
● 風邪の予防
● 利尿作用
● 眼精疲労
● 利尿作用
● アンチエイジング効果

など実にさまざまな女性の肌に嬉しい効果があると
言われています .

 

スポンサードリンク



  ローズヒップティー飲み方

ローズヒップティーは細かくカットされたものと
粗くカットされたものがあります。
お好みで選びましょう。

入れ方

①ポットにティースプーン2杯 のローズヒップティー
の茶葉を入れ熱湯を注ぎます。

②蓋をして細かいカットの茶葉は5分、粗いカットの
葉は7分くらい蒸らしてから飲みます。

飲みにくい場合は好みではちみつなどを加えて
ください。

※実にもたくさんの栄養分が残っています。
「食べる健康茶」と言われるゆえんです。
カップの底に残った実も残さずいただきましょう。

ローズヒップ茶

 

ローズヒップティーはノンカフェインでほんのり甘く
アセロラのようなのみやすいお茶です。

ビタミン類や鉄分など女性の美肌に欠かせない成分が
豊富に含まれおり、特にローズヒップティーのビタミン
Cの含有量は、実にレモンの20倍とも言われています。

しかもこのビタミンCはビタミンPに保護されることに
よって加熱しても壊れないという優れものなんです。

まさに女性美肌を作る強力な味方のローズヒップティー
是非取り入れない手はなさそうですね。

 

 

こちらの記事もおすすめ

イチゴジャムの作り方と保存方法
イチゴにはビタミンCが豊富に含まれています。 イチゴに含まれるビタミンCの量は果物の中でもトップクラ スで1日7~8粒で1日に必要とされるビタミンCが摂取できる と言われています。 ビタミンCには美白効果や風邪などの予防に役立ちます。
ハーブティー「レモンバームティー」の効果・効能
レモンバーム(Lemon balm)は、南ヨーロッパ原産のシソ科の多年草です。メリッサとも呼ばれ日本ではセイヨウヤマハッカ(西洋山薄荷)と呼ばれています。レモンに似た香りでハーブとして利用されるほか料理の香り付けなどにも使われています。古く
ドライみかんの作り方ともどし方
みかんはビタミンCが豊富な果物で知られていますがこのビタ ミンCは水溶性のため熱を加えることで失われてしまいます。 そのためドライみかんを作る際は熱を加えない天日乾燥がおす すめです。みかんは乾燥することによってペクチンが増えます。
チョークベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
チョークベリー(Chokeberry)はアロニア(Aronia)とも 呼ばれます。 北アメリカ大陸東部原産のバラ科の落葉低木になる果実は 食用または観賞用として栽培されています。 生食もできますが、渋みが強く、ジャムやジュースなどの 加工されます。
わさび(山葵)の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
山葵(ワサビ)は日本原産のアブラナ科の植物です。 水のきれいな渓流や湿地で生育します。 根茎と葉が食用になり独特の辛みが特徴です。 加工した練り山葵はお寿司や刺身などの薬味として 広く利用されています。
おいしくて簡単「山葵(わさび)茎」のたまり漬けを作ってみよう!!
山葵は、日本原産のアブラナ科ワサビ属の植物です。 水のきれいな渓流などに生育し根茎や葉が食用となります。 独特の強い辛みが香辛料として好まれ、寿司や刺身などの 薬味として欠かせない植物です。

 

スポンサードリンク



Pocket
LINEで送る

タイトルとURLをコピーしました