健康茶「ローズヒップティー 」の効能・効果や飲み方

健康茶
Pocket
LINEで送る

四季のある日本には季節ごとにさまざまな植物が生育しています。
その中には、古くから健康茶や野草茶として愛飲されているものも数多く存在します。
このサイトでは、そんな健康茶や野草茶として知られる、野菜や植物の効能や成分、淹れ方などを紹介しています。

ローズヒップとは

植物の中では他に類を見ない豊富にビタミンCを含む女性に大人気の健康茶ローズヒップティー。
ローズヒップとはバラ科バラ属の果実です。

ローズヒップ

 

ローズヒップティーのおもな成分

・ビタミンC
・βーカロチン
・リコピン
・ペクチン
・食物繊維
・ミネラル
・ビタミンB類
・ビタミンE

 

ローズヒップティーに含まれる主な成分の効能

ビタミンC

ビタミンCには、シミやそばかすの原因となるメラミンを抑える働きがあることから、肌トラブルの解消に役立ちます。
また免疫力を高める働きがあることから、風邪などの予防や疲労回復に
役立ちます。
ビタミンCはコラーゲンの生成に欠かせない成分です。
ビタミンCがコラーゲンの生成を助けることで骨粗しょう症予防や関節を健康に保つのに役立ちます。

 

β-カロテン

β-カロテンは体内に入ることでビタミンAに変換され、皮膚や爪、髪を健康に保ったり視力を維持するために大切な成分です。
β-カロテンが必要量のビタミンAをつくることで、視力低下や夜盲症などの予防につながります。
β-カロテンには活性酸素を除去する働きのある、強力な抗酸化作用もあります。
そのほか成長を促進したり骨づくりを助けたりする働きがあることから
成長期の子供には欠かせない栄養素です。

 

ペクチン

ペクチンは水に溶けてゲル状になる特質があります。
下痢の時には水分をゲル状にして下痢を防ぎ、逆に便秘の時は水分を与え排出させることで便秘解消に役立ちます。
ペクチンが腸内環境を整えることで、疲労回復にもつながります。
またペクチンにはコレステロール値を下げる働きがあることから高血圧予防にも役立つと考えられています。

 

ビタミンB

ビタミンB群には体のエネルギーの代謝を円滑にする働きがあります。
たんぱく質や糖質などエネルギーとなる栄養素を摂取する際に、ビタミンBを一緒に取り入れることで体内の代謝が活発になり効果を発揮します。

 

ビタミンE

ビタミンEは脂溶性ビタミンの一種です。
ビタミンEには強い抗酸化作用があり体内の活性酸素を抑える働きがあります。
加齢によって現れる症状の予防に役立つことから「若返りのビタミン」
とも呼ばれています。
紫外線から肌を守る働きもあることから肌トラブルの解消にも役立ち
ます。
またビタミンEには神経伝達物質に働き血流を改善する効果も期待されています。

 

食物繊維

食物繊維は体内で吸収されず、大腸まで届く成分です。
体内の余分な老廃物を排出したり、腸内を整える働きがるため、便秘の解消にも効果的です。
また植物繊維は体内で水分を吸収し膨らむ不溶性で少量で満腹感が得られる上にカロリーが低いことからことからダイエットにも向いています。

 

リコピン

リコピンは、食物が持つ赤色の天然色素カロテノイドの一種です。
リコピンには強い抗酸化作用があります。
活性酸素を除去する働きによって血流の改善や老化予防、生活習慣病予防などの効果が期待されています。
ローズヒップ

 

スポンサードリンク



 

ローズヒップティー飲み方

ローズヒップティーは細かくカットされたものと粗くカットされたものがあります。
お好みで選びましょう。

入れ方

①ポットにティースプーン2杯 のローズヒップティーの茶葉を入れ熱湯を注ぎます。

②蓋をして細かいカットの茶葉は5分、粗いカットの葉は7分くらい蒸らしてから飲みます。

飲みにくい場合は好みではちみつなどを加えてください。

※実にもたくさんの栄養分が残っています。
「食べる健康茶」と言われるゆえんです。
カップの底に残った実も残さずいただきましょう。

ローズヒップ茶

 

ローズヒップティーのおすすめポイント

ローズヒップティーはノンカフェインでほんのり甘くアセロラのようなのみやすいお茶です。

ビタミン類や鉄分など女性の美肌に欠かせない成分が豊富に含まれおり、特にローズヒップティーのビタミン
Cの含有量は、実にレモンの20倍とも言われています。

しかもこのビタミンCはビタミンPに保護されることによって加熱しても壊れないという優れものなんです。
まさに女性美肌を作る強力な味方のローズヒップティー
一度は試してみたいですね。

 

健康茶を選ぶポイント

健康茶を選ぶ際は次の点に注意して十分に吟味しましょう。

①原産国を確かめる。
自分で育てたものが一番安全ですが、購入する場合は原産国や産地を確かめましょう。

②成分票を確かめる。
成分票が記載されているか、自分の体質に合うのかよく吟味しましょう。

③ブレンド茶の場合はそれどれの成分を確かめる
健康茶には飲みやすいようにいくつかのお茶をブレンドしているものがあります
それどれの成分が自分の体質に 合うのかよく調べましょう。

④無農薬のものを選ぶ
無農薬のもの、化学肥料を使わないものを選びましょう。

健康のために取り入れようとするものに体に合わないものを選んだら逆効果になってしまいます。
健康茶の特質を十分に知り必ず体質にあったものを選びましょう。

 

 

こちらの記事もおすすめ

イチゴジャムの作り方と保存方法
イチゴにはビタミンCが豊富に含まれています。 イチゴに含まれるビタミンCの量は果物の中でもトップクラ スで1日7~8粒で1日に必要とされるビタミンCが摂取できる と言われています。 ビタミンCには美白効果や風邪などの予防に役立ちます。
ハーブ「レモングラス」の淹れ方や、効能、育て方
レモングラスとは レモングラスは南インド、スリランカに自生するイネ科の多年草です。 細長いススキや、かやのような葉をつけ、シトラールが含まれているため指で少しこすってみるとレモンのような香りがします。 その香りからハーブティーやトムヤムクン
ドライみかんの作り方ともどし方
みかんはビタミンCが豊富な果物で知られていますがこのビタ ミンCは水溶性のため熱を加えることで失われてしまいます。 そのためドライみかんを作る際は熱を加えない天日乾燥がおす すめです。みかんは乾燥することによってペクチンが増えます。
チョークベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
チョークベリー(Chokeberry)はアロニア(Aronia)とも 呼ばれます。 北アメリカ大陸東部原産のバラ科の落葉低木になる果実は 食用または観賞用として栽培されています。 生食もできますが、渋みが強く、ジャムやジュースなどの 加工されます。
わさび(山葵)の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
山葵(ワサビ)は日本原産のアブラナ科の植物です。 水のきれいな渓流や湿地で生育します。 根茎と葉が食用になり独特の辛みが特徴です。 加工した練り山葵はお寿司や刺身などの薬味として 広く利用されています。
おいしくて簡単「山葵(わさび)茎」のたまり漬けを作ってみよう!!
山葵は、日本原産のアブラナ科ワサビ属の植物です。 水のきれいな渓流などに生育し根茎や葉が食用となります。 独特の強い辛みが香辛料として好まれ、寿司や刺身などの 薬味として欠かせない植物です。

 

スポンサードリンク



 

注意
このサイトで紹介しているお茶の効能につきましては一般的に伝えられている情報などをもとにしており、すべての方に効果があることを保証するものではございません。
お薬を飲まれている方、持病のある方、また妊娠されている方など気になる方は、医師にご相談の上お試しいただくようお願いします。
Pocket
LINEで送る

タイトルとURLをコピーしました