健康茶「日本山人参(ヒュウガトウキ)」の効果、効能、飲み方など

健康茶
Pocket
LINEで送る

四季のある日本には季節ごとにさまざまな植物が生育しています。
その中には、古くから健康茶や野草茶として愛飲されているものも数多く存在します。
このサイトでは、そんな健康茶や野草茶として知られる、野菜や植物の効能や成分、淹れ方などを紹介しています。

 

日本山人参(ヒュウガトウキ)とは

日本山人参はせり科の植物でヒュウガトウキ(日向当帰)ともいわれています。
九州に自生しており、その高い効果から古くより「日本の朝鮮人参」とか「神の草」と呼ばれています。

 

日本山人参(ヒュウガトウキ)の主な成分は

・カルシウム
・カリウム
・ビタミンE
・ミネラル

 

日本山人参(ヒュウガトウキ)の効能

ヒュウガトウキには、カルシウムやカリウムビタミン類、人が健康に生きていくために不可欠なミネラルが豊富に含まれています。

ヒュウガトウキの根には、血糖値を下げる効果が報告されており糖尿病予防にも利用されています。
ビタミンEには強い抗酸化作用があるため、美肌効果があり、カルシウムが豊富に含まれているため骨粗しょう症などの予防効果も期待されます。
そのほか利尿作用のあるカリウムが含まれているので、むくみ予防効果も期待されます。
またミネラルが豊富なのでアレルギーの改善にも役立ちます。

 

 

スポンサードリンク



 

日本山人参(ヒュウガトウキ)茶の作り方

宮崎県や大分県のある一定の場所でしか収穫できないといわれるヒュウガトウキは、生で手に入れるのはむずかしいため、市販のお茶を購入して飲むのがおすすめです。

 

日本山人参(ヒュウガトウキ)茶の飲みかた

淹れ方
やかんなどにお湯を沸かしてヒュウガトウキの茶葉を入れ5分ほど煮だします。

 

日本山人参(ヒュウガトウキ)茶のおすすめポイント

日本山人参茶はややほろ苦いですが飲みやすいお茶です。
糖尿病の予防をしたい方、花粉症などのアレルギーを改善したい方、アンチエイジングが気になる方などにおすすめの健康茶です。

 

健康茶を選ぶポイント

健康茶を選ぶ際は次の点に注意して十分に吟味しましょう。

①原産国を確かめる。
自分で育てたものが一番安全ですが、購入する場合は原産国や産地を確かめましょう。

②成分票を確かめる。
成分票が記載されているか、自分の体質に合うのかよく吟味しましょう。

③ブレンド茶の場合はそれどれの成分を確かめる
健康茶には飲みやすいようにいくつかのお茶をブレンドしているものがあります
それどれの成分が自分の体質に 合うのかよく調べましょう。

④無農薬のものを選ぶ
無農薬のもの、化学肥料を使わないものを選びましょう。

健康のために取り入れようとするものに体に合わないものを選んだら逆効果になってしまいます。
健康茶の特質を十分に知り必ず体質にあったものを選びましょう。

 

 

こちらの記事もおすすめ

自家製 生姜酒の作り方と保存方法
ジンジャーはショウガ科の多年草であり、様々な料理の 香辛料や薬味としてまた生薬として利用されています。 日本では高知県の生姜が有名で全国に発送されています。
ハーブ「赤ブドウの葉」の淹れ方、効能、育て方
赤ブドウとは赤ぶどうは、ヨーロッパ、地中海などを原産とするブドウ科 ブドウ属のつる性落葉低木で英名 CommonGrape(コモン・グレープ)と呼ばれています。成分のアントシアニンには強い抗酸化があり目の健康やアンチイジングに良いということ
干しシイタケの作り方ともどし方
椎茸の成分エルゴステロールは日光に当たることによってビタミ ンDに変わるため干すことでビタミンDの含有量が増えます。 ビタミンDは骨を丈夫にしたり、骨粗鬆症予防などにも役立ちます。
ハックルベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ハックルベリーは、ナス科の植物でブルーベリーを 大きくしたような実がなり食用になります。 ハックルベリーは主に、フレッシュジュースやスープ、 ジャム、キャンディー、パンケーキ、サラダドレッシング などに用いられます。
ルッコラの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ルッコラは、地中海沿岸原産の一年草でアブラナ科の 葉野菜です。 独特のゴマのような風味で苦みがあります。 イタリア料理が日本に普及したことによって日本にも 定着しました。 おひたしやサラダに使用されるほかハーブティーとしても 活用されています。
https://hoshi-yasai.com/pickles/kazunoko-wasabidzuke

 

スポンサードリンク



 

注意
このサイトで紹介しているお茶の効能につきましては一般的に伝えられている情報などをもとにしており、すべての方に効果があることを保証するものではございません。
お薬を飲まれている方、持病のある方、また妊娠されている方など気になる方は、医師にご相談の上お試しいただくようお願いします。
Pocket
LINEで送る

タイトルとURLをコピーしました