健康茶「ナツメ茶」の効果・効能 | 健康習慣

健康

ナツメ茶 に使用するナツメ(棗)はクロウメモドキ科の
の落葉高木で、夏に芽を出すことからナツメと呼ばれて
います。
秋には小さな果実をつけ乾燥させたものは生薬として
利用されています。

  ナツメ茶の主な有効成分

・サポニン
・ペクチン
・オレアミド
・ミネラル

 

  ナツメ茶の効果・効能

■不眠症予防
ナツメ茶に含まれるオレアミドが神経に働き神経の
高ぶりなどを抑えるため 精神の安定や不眠症予防に
効果があるとされています。

■糖尿病を予防
ナツメ茶に含まれる植物繊維、ペクチンには血液中の
コレステロール値を抑制する働きがあるため血液を
サラサラに保つことで糖尿病を予防に効果的です。

■骨粗鬆症予防
ナツメ茶に含まれる亜鉛には骨を丈夫にする働きが
あるため骨粗鬆症などの予防につながります。

■咳や痰を静める
ナツメ茶に含まれるサポニンには咳や痰を静める
効果もあると言われています。

他にもナツメ茶には

● 強壮作用
● 利尿作用
● 健胃作用
● 利尿作用
● 整腸作用
● 鎮静作用
● むくみ改善
● 不眠症改善
● 強壮作用
● 二日酔い改善
● リラックス効果
● ストレスの緩和
● ホルモンバランスを整える

などの効能があるとされています。

 

スポンサードリンク



   ナツメ茶作り方

①熟する前の果実を採取します。

②きれいに洗って蒸してから日干しします。

③乾燥したら出来上がりです。

  薬膳酒「ナツメ酒」の作り方

材料
乾燥させたナツメの実   300g
ホワイトリカー      1リットル
グラニュー糖       適宜(お好みで)

①瓶にナツメの実と砂糖をいれホワイトリカー
を注ぎます。

②直射日光を避けて保存します。

③2か月~3か月で実を取り出し再び保存します。

(飲み頃は3か月くらいから)

 

  ナツメ茶の淹れ方 

 

①ポットにナツメ茶葉を入れ熱湯を注ぎます。

②5分から7分ほど蒸らしてからいただきます。

ナツメの果実を乾燥させたものは鎮静効果、催眠効果の
生薬、酸棗仁(さんそうにん)として利用されています。
甘みがありノンカフェインなのでお子さんでも安心して
飲むことができます。

ナツメ茶は 不眠症を改善したい方、むくみが気になる方
糖尿病などを予防したい方などにおすすめの健康茶です。

 

こちらの記事もおすすめ

自家製 オレンジ酒の作り方と保存方法
フレッシュな果実は生食されるほかジュースやジャム、スムージーなどに利用されます。オレンジには美肌・美白効果や風邪予防効果のあるビタミンCや疲れ予防に効果的なクエン酸などが豊富に含まれています。
ハーブティー「赤ブドウの葉ティー」の効果・効能
赤ぶどう(red grapes)は、ヨーロッパ、地中海などを原産とするブドウ科 ブドウ属のつる性落葉低木で英名 CommonGrape(コモン・グレープ)と呼ばれています。成分のアントシアニンには強い抗酸化があり目の健康やアンチエイジングに
切り干し大根の作り方ともどし方
大根は一年中スーパーの店頭に並んでますが旬は冬です。冬の大根は水分を含み甘くておいしくて安価です。冬は湿気が少なくきれいに乾燥することができます。
ハックルベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
ブロッコリースプラウトの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ブロッコリースプラウトの特徴はブロッコリーと比べてスルフォラファンという物質が豊富に含まれているところで、その含有量の5倍以上ともいわれています。スルフォラファンには活性酸素を除去する働きのある抗酸化作用があり、アンチエイジング効果や、生活
おいしくて簡単「蕪」の昆布漬けを作ってみよう!!
蕪にはβ―カロテンが含まれており、老化予防や生活習慣病の予防、目や髪の健康などを護る働きが期待されます。またビタミンCも豊富に含まれており免疫効果を高めてくれます。

 

スポンサードリンク



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


タイトルとURLをコピーしました