「医者いらず」と重宝される「アロエ茶」の効果・効能とは

健康

古くから薬用がある民間薬として親しまれてきた
アロエですがここでは健康茶としていただくアロエ茶
効能・効果について調べてみました。

アロエはユリ科 多年草で繁殖力が非常に強く
一般家庭でもインテリアとして、薬草として幅広く
栽培されています。

アロエ

  アロエの有効成分  

・アロイン
・バルバロイン
・アンスラキノン
・アロエチン
・アロミチン
・アロエウルシン
・アロエボラン
・ビタミン類
・ミネラル

 

 

  アロエ茶の効能  

■ダイエット効果
アロエに含まれるアロエボランには新陳代謝を促す
働きがあり脂肪を燃焼することでダイエットが期待
できます。

■殺菌効果
アロエに含まれるアロエチンにが強い殺菌作用があり
ど食中毒の予防に役立ちます。

■便秘解消
アロエに含まれるアロインやアロエエモジンの働きで
胃腸の活動をし促進することによって便秘を改善します。

■高血圧予防
アロエに含まれるアロエアルボナサイドにはかたまった
動脈を柔らかくし広げる効果があり血液の流れを潤滑に
することによって高血圧の予防につながります。

■糖尿病を予防
アロエに含まれるアロエボランに血糖値を下げる作用
があるため、糖尿病を予防する効果があると言われて
います。

■胃腸炎の予防
アロエのネバネバ成分アロエウルシン、アロミチンには
胃の炎症を抑える働きがあり胃炎や胃潰瘍、などの
予防に繋がります。

 

その他にもアロエ茶には

● 胃腸病予防
● 便秘改善
● 関節炎軽減
● 筋肉痛予防
● 糖尿病の予防
● 育毛促進
● 美肌・美白効果
● 肌荒れ予防
● 皮膚炎予防
● 二日酔い改善
● 解毒作用
● 下痢止め
● ぜんそく予防

などの効果があると言われています。

 

スポンサードリンク



 

  アロエの注意点

このようにたくさんの効果が期待できる万能薬の
アロエですが体を冷やす作用もあるので妊婦さんや
授乳中のお母さん、また生理中の女性の方は飲まない
ようにしましょう。

 

  アロエ茶の飲み方  

アロエ茶として飲用するのはキダチアロエの葉
になります。
健康茶として広く知られており市販されていますので
衛生的に加工された市販のものを利用されるのが
おすすめです。

煮沸かす場合

①やかんにアロエ茶を大さじ1杯~2杯を入と水500ml
を入れ火にかけます。

②沸騰したら弱火にして5分以上煮沸かしましょう。

アロエ茶

急須で入れる場合

①急須に大さじ1~2杯を入れお湯を注ぎます。

②少し蒸らしてからいただきましょう。

 

ダイエットや美肌効果などさまざまな効能が期待できる
女性にもうれしい健康茶ですが有効に活用するためにも
その効能・注意点をよく知り上手にりようしていき
ましょう。

 

 

こちらの記事もおすすめ

イチゴジャムの作り方と保存方法
イチゴにはビタミンCが豊富に含まれています。イチゴに含まれるビタミンCの量は果物の中でもトップクラスで1日7~8粒で1日に必要とされるビタミンCが摂取できると言われています。ビタミンCには美白効果や風邪などの予防に役立ちます。
ハーブティー「レモンバームティー」の効果・効能
レモンバーム(Lemon balm)は、南ヨーロッパ原産のシソ科の多年草です。メリッサとも呼ばれ日本ではセイヨウヤマハッカ(西洋山薄荷)と呼ばれています。レモンに似た香りでハーブとして利用されるほか料理の香り付けなどにも使われています。古く
ドライみかんの作り方ともどし方
みかんはビタミンCが豊富な果物で知られていますがこのビタミンCは水溶性のため熱を加えることで失われてしまいます。そのためドライみかんを作る際は熱を加えない天日乾燥がおすすめです。
チョークベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
チョークベリーに含まれるポリフェノールの成分であるアントシアニンには老化を防止するアンチエイジング効果が期待されます。またチョークベリーに含まれる抗酸化作用はベリー類の中でも最強と言われています。
わさび(山葵)の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
わさび(山葵)のツーンとくる辛み成分はイソチオシアネートによるもので抗菌作用や覚醒作用があります。またビタミンCも豊富に含まれており、美肌効果や風邪予防などの効果も期待されます。
https://hoshi-yasai.com/pickles/wasabikuki-syouyuduke

 

スポンサードリンク




タイトルとURLをコピーしました