妊婦さんも安心!たんぽぽ茶の効能・効果とは

野草茶
Pocket
LINEで送る

四季のある日本には季節ごとにさまざまな植物が生育しています。
その中には、古くから健康茶や野草茶として愛飲されているものも数多く存在します。
このサイトでは、そんな健康茶や野草茶として知られる、野菜や植物の効能や成分、淹れ方などを紹介しています。

 たんぽぽ茶とは

タンポポ茶とはタンポポの葉を乾燥させて、ハトムギ茶などを配合したものです。
タンポポの根を乾燥させて炒ったものは、たんぽぽコーヒーとして知られています。
ミネラルやビタミンがたっぷりで、カフェインを含まないので、夜や妊婦さんも安心して飲むことができます。

たんぽぽ

 

たんぽぽ茶の有効成分

ビタミンA
ビタミンB
ビタミンC
ビタミンD
鉄分
ミネラル
ルテイン

 

たんぽぽ茶の効能

■妊婦さんの栄養に
たんぽぽにはビタミン・鉄分・ミネラルが豊富に含まれており妊娠中の女性に必要な成分を効率よく摂ることができます。

■目の保護
たんぽぽの花に含まれるルテインにはや紫外線などから目を保護する効果もあると言われています。

■利尿作用
タンポポに含まれるカリウムのは利尿効果がありむくみも改善することができます。

 

その他にもたんぽぽ茶には

●リウマチ
●肝臓
●食欲不振
●母乳不足の解消
●胃腸改善効果

などに効果があると言われています。

 

スポンサードリンク



 

たんぽぽ茶の飲み方

たんぽぽ茶は自分でも作ることができますが、衛生面などからも市販のものを使用するのがおすすめです。

①テーポットなどにたんぽぽ茶のティーバッグを入れお湯を注ぎます。

②5分くらい蒸らしてよく抽出してからいただきましょう。

 

タンポポ茶

 

たんぽぽ珈琲の作り方

焙煎したものは珈琲としてもいただけます。
たんぽぽ珈琲を自分で作ってみたいという方はチャレンジしてみましょう。

①たんぽぽの根を切らないように掘り起こします。
(繁殖力の強いたんぽぽの根は真っすぐに長く伸びています)

②掘ってきたたんぽぽは綺麗にたわしなどを使って洗います。

③ざるなどに並べて天日干しで乾燥させます。

④乾燥したたんぽぽの根をフライパンでじっくり弱火で煎ります。

⑤煎ったたんぽぽの根はミキサーにかけて砕きます。

⑥この粉をドリップして出来上がりです。

 

たんぽぽ茶のおすすめポイント

タンポポ茶はひじょうに飲みやすくノンカフェインなので妊婦さんや子供さん、また高齢の方も安心して飲むことができます。
また焙煎して入れるタンポポ珈琲は珈琲が好きだけど飲めない方も安心して飲むことができます。
妊娠中のおかあさんに必要な鉄分もしっかり補給できるまさに妊婦さんにぴったりのお茶ですね。
副作用もないので飲み続けるのが効果的です。

 

 

 

こちらの記事もおすすめ

リンゴジャムの作り方と保存方法
“1日1個のリンゴは医者いらず”といった諺があるように リンゴは栄養価の高い果物で知られています。 リンゴの成分であるリンゴポリフェノールには動脈硬化など の原因となる中性脂肪を減らす働きがあると言われています。
ハーブ「チャイブ」の淹れ方や、効能、育て方
チャイブとはチャイブ茶に利用するチャイブ(Chives)はアメリカやユーラシア大陸原産のネギ属の多年草で別名セイヨウアサツキとも呼ばれています。ビタミンCやカロテンを豊富に含み栄養価が高いことでも知られています。チャイブ茶の主な有効成分・ビ
ドライレモンの作り方ともどし方
レモンはビタミンCの豊富な果物ですが熱を加えることによって 失われてしまいます。 そのためドライレモンづくりは熱を加えない天日乾燥がおすすめです。 またビタミンCは皮の部分のほうがたくさん含まれています。 無農薬のレモンが手に入ったら皮も刻んで干してみましょう。
ピンクグレープフルーツの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
グレープフルーツは亜熱帯を原産とする柑橘類の一種で ピンクグレープフルーツは果肉がピンク色「ルビー」という の品種です。 ピンクグレープフルーツは酸味が弱く甘いので生食に 向いています。
ナタマメの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
なた豆は熱帯アジアを原産とするはマメ亜科の一年草です。 夏に開花し実が非常に大きいのが特徴です。 アカナタマメとシロナタマメの無農薬のものを食用とします。
おいしくて簡単「ラディッシュ」の糠漬けを漬けてみよう!!
ラディッシュは、アブラナ科ダイコン属の植物で和名 はハツカダイコン大根です。 小さな赤い球形の根をつけ、巻いてから20日くらいで収穫 できることからこの名で呼ばれています。 主に酢漬けやサラダなどで生食されます。

 

スポンサードリンク



注意
このサイトで紹介しているお茶の効能につきましては一般的に伝えられている情報などをもとにしており、すべての方に効果があることを保証するものではございません。
お薬を飲まれている方、持病のある方、また妊娠されている方など気になる方は、医師にご相談の上お試しいただくようお願いします。
Pocket
LINEで送る

タイトルとURLをコピーしました