健康茶「ウド茶」の効果・効能

野草茶
Pocket
LINEで送る

四季のある日本には季節ごとにさまざまな植物が生育しています。
その中には、古くから健康茶や野草茶として愛飲されているものも数多く存在します。
このサイトでは、そんな健康茶や野草茶として知られる、野菜や植物の効能や成分、淹れ方などを紹介しています。

ウドとは

ウド茶に使用するウドは本州や四国九州などに自生するウコギ科の多年草です。
独特の香りがあり和え物や天婦羅など旬の山菜として好まれ日本人にとってなじみの深い植物です。

 

ウド茶の主な有効成分

・サポニン
・タンニン
・アスパラギン酸
・アミノ酸
・ゲルマニウム
・ピネン
・セリネン
・フムレン
・ムルセン
・リモネン
・クロロゲン酸
・ジテルペンアルデヒド

 

ウド茶の効果・効能

■疲労回復効果
ウド茶に含まれるアスパラギン酸には新陳代謝を促す効果があり疲労回復効果が期待できます。

■メラニン抑制効果
ウド茶に含まれるロロゲン酸には抗酸化作用があるため日焼けなどによるメラミンを抑制する効果があると言われています。

■食欲増進効果
ウド茶の独特の香りには胃の調子を整えて食欲を増進させる働きがあります。

■抵抗力を高める効果
ウド茶に含まれるアスパラギン酸には抵抗力を保ち体内の有害物質を排出する効果があると言われています。

他にもウド茶には

● 頭痛改善
● 神経痛改善
● めまい予防
● 解熱作用
● 健胃作用
● 整腸作用
● 解熱作用
● 便秘予防
● 風邪予防
● 食欲増進

などの効能があると言われています。

 

スポンサードリンク



 

ウドのきんぴらの作り方

材料
ウド  1本
砂糖  大匙1
味醂  大匙1
醤油  大匙1
鷹の爪 1/2本

①うどは短冊切りにして酢水にさらしあくを抜く。

②フライパンに油を熱し鷹の爪の輪切りを入れ油に香りをうつすように炒める。

③②のフライパンに水けをきったウドを入れ炒める。

③砂糖、味醂、醤油で味付けし水分がほとんどなくなるまで煎り付ける。

 

ウド茶の作り方

①春(3月~4月)に採取する。

②きれいに水洗いし輪切りにして天日干する。

③からからに乾いたら清潔な瓶などに保存します。

 

ウド茶の飲み方

煮沸かして入れる場合

①やかんにウド茶葉ひとつまみと水1リットルを入れ火にかける。

②沸騰したら火を弱め5分くらい煮詰めてからいただきます。

急須で入れる場合

①急須にウドの茶葉を一つまみ入れ熱湯を注ぐ

②5分くらい抽出してからいただきます。

 

 ウド茶のおすすめポイント

ウドは独特の香りが特徴できんぴらや酢味噌和えなど旬の野菜として好まれています。

ウド茶は、疲れをとりたい方、風邪予防をしたい方頭痛を軽減したい方などにおすすめの健康茶です。

 

 

 


こちらの記事もおすすめ

イチゴジャムの作り方と保存方法
イチゴにはビタミンCが豊富に含まれています。 イチゴに含まれるビタミンCの量は果物の中でもトップクラ スで1日7~8粒で1日に必要とされるビタミンCが摂取できる と言われています。 ビタミンCには美白効果や風邪などの予防に役立ちます。
ハーブ「レモングラス」の淹れ方や、効能、育て方
レモングラスとはレモングラスは南インド、スリランカに自生するイネ科の多年草です。細長いススキや、かやのような葉をつけ、シトラールが含まれているため指で少しこすってみるとレモンのような香りがします。その香りからハーブティーやトムヤムクンやカレ
ドライみかんの作り方ともどし方
みかんはビタミンCが豊富な果物で知られていますがこのビタ ミンCは水溶性のため熱を加えることで失われてしまいます。 そのためドライみかんを作る際は熱を加えない天日乾燥がおす すめです。みかんは乾燥することによってペクチンが増えます。
チョークベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
チョークベリー(Chokeberry)はアロニア(Aronia)とも 呼ばれます。 北アメリカ大陸東部原産のバラ科の落葉低木になる果実は 食用または観賞用として栽培されています。 生食もできますが、渋みが強く、ジャムやジュースなどの 加工されます。
わさび(山葵)の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
山葵(ワサビ)は日本原産のアブラナ科の植物です。 水のきれいな渓流や湿地で生育します。 根茎と葉が食用になり独特の辛みが特徴です。 加工した練り山葵はお寿司や刺身などの薬味として 広く利用されています。
おいしくて簡単「山葵(わさび)茎」のたまり漬けを作ってみよう!!
山葵は、日本原産のアブラナ科ワサビ属の植物です。 水のきれいな渓流などに生育し根茎や葉が食用となります。 独特の強い辛みが香辛料として好まれ、寿司や刺身などの 薬味として欠かせない植物です。

 

スポンサードリンク



 

注意
このサイトで紹介しているお茶の効能につきましては一般的に伝えられている情報などをもとにしており、すべての方に効果があることを保証するものではございません。
お薬を飲まれている方、持病のある方、また妊娠されている方など気になる方は、医師にご相談の上お試しいただくようお願いします。
Pocket
LINEで送る

タイトルとURLをコピーしました