健康茶「レンコン茶」の効果・効能

健康
Pocket
LINEで送る

レンコン茶 に使用するレンコン(蓮根)はハスの地下茎
の先端部分が肥大したもので、春先に収穫されます。

レンコンはてんぷらや煮しめ、五目寿司の具などさまざまな
料理に利用されるほか、切り口にアナがたくさんあることから
「見通しがきく」ということでお正月のおせちなどの縁起物
としても重宝されてきました。

  レンコン茶の主な有効成分

・ムチン
・タンニン
・カルシウム
・ビタミンC
・カリウム
・炭水化物
・カリウム
・ビタミンC

  レンコン茶の効果・効能

■風邪の予防
レンコンのねばねば成分のムチンが鼻や喉の粘膜を保護し
ウイルスが粘膜に感染するのを防ぐ為風邪予防効果が
期待できます。

■のどの痛みの軽減
レンコン茶に含まれるタンニンには抗炎症作用があるため
のどの痛みや腫れを軽減する作用があります。

■高血圧予防
レンコン茶に含まれるカリウムには利尿作用があることに
より体内の余分なナトリウムが尿と一緒に排出されることで
高血圧の予防を助けます。

■美白効果
レンコン茶にはレモンと変わらないくらいビタミンCが
豊富なため、シミやそばかすを防ぎ美肌効果に役立ちます。

■便秘予防
レンコン茶に含まれる食物繊維が腸内環境を整え
便秘の解消を助けます。

他にもレンコン茶には

● 抗酸化作用
● 咳改善
● 喘息予防
● 花粉症予防
● アレルギー症状の改善
● 脂肪肝の改善
● ストレス軽減効果

などの効能があると言われています。

 

スポンサードリンク



  レンコン茶の作り方

材料(1人分)
レンコンの絞り汁   大匙2
ショウガの絞り汁   小匙1
はちみつ       適宜(お好みで)

作り方

①小鍋にレンコンとショウガの絞り汁と水200CC
はちみつを入れ火にかける。

②沸いたらできあがりです。

 

  レンコンの絞り汁の作り方

①レンコンをきれいに洗って皮ごとすりおろします。

②すりおろしたものを清潔な布巾などにつつみ絞り出す。

(レンコンの絞り汁は時間がたつと色が変わってしまいます
使う分だけ絞りましょう)

③絞ったものをそのまま飲むこともできます。
飲みすぎに注意し1回に飲む量はおちょこに一杯くらい
にしておきましょう。

  レンコン葛茶の作り方

 

材料(1人分)
レンコンの絞り汁   大匙2
ショウガの絞り汁   小匙1
片栗粉        小匙1
はちみつ       適宜

①小鍋にレンコンとしょうが汁、水200㏄、片栗粉、はちみつ
を入れ火にかける

②混ぜながらあたため沸いたら火を弱めとろみがでたら
できあがり。

 

レンコンには体内の目や胃やのどなどさまざまな粘膜を守る
大切な成分ムチンが含まれています。

レンコン茶は葛茶にすると冷めにくく風邪予防にはぴったり
です。
風邪の予防に、また咳やのどの痛みを和らげたいとき、寒気が
するとき、また毎年花粉症などのアレルギーに悩まされている
方などにおすすめの健康茶です。

 

 

こちらの記事もおすすめ

イチゴジャムの作り方と保存方法
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。これらの果物をジャムにすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。素材だけで手作りしたジャムは安心して食べられます。コツをつかめば簡単にさまざまな果物をジャムに
ハーブティー「レモンバームティー」の効果・効能
レモンバーム(Lemon balm)は、南ヨーロッパ原産のシソ科の多年草です。メリッサとも呼ばれ日本ではセイヨウヤマハッカ(西洋山薄荷)と呼ばれています。レモンに似た香りでハーブとして利用されるほか料理の香り付けなどにも使われています。古く
ドライみかんの作り方ともどし方
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。野菜や果物には乾燥することによ
チョークベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
わさび(山葵)の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の野菜をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野菜が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の野菜が一番安価で
おいしくて簡単「山葵(わさび)茎」のたまり漬けを作ってみよう!!
日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物は安全で格別です。日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜や果物が手に入ります。材料

 

スポンサードリンク



Pocket
LINEで送る

タイトルとURLをコピーしました