不老長寿の野菜として人気の「明日葉」その効果と効能とは?

健康
Pocket
LINEで送る

昔から不老長寿の妙薬として広く知られる明日葉には
どんな効能・効果があるのでしょうか?

明日葉はセリ科の多年草で名産地は伊豆や小笠原に自生
しています。

明日葉

明日葉

学名:Angelica keiskei
属性:セリ科の多年草
開花期 5~7月

 

明日葉の有効成分

ルチン
イソクエルチトリン
ルテオリン
クマリン
パントテン酸
ニコチン酸
ビオチン
葉酸
コリン(血液の浄化)
ビタミンB1・B2・B6
ビタミンB12・C・K
β-カロチン
クロロフィル
ミネラル
食物繊維
キサントアンゲロール
カルコン

明日葉の効能

■セルライトを除去
明日葉茶に含まれるカルコンが血液の流れをスムーズに
する作用により体にたまった溜まった老廃物を排出し
セルライトを解消します。

※セルライトとは
太腿や臀部などの皮下脂肪に現れるボコボコした
ブロック状の組織を指します。

■血液浄化作用
明日葉茶の成分である有機ゲルマニウムによって
血液を浄化しサラサラにする効果があります。

■貧血予防
レバーなどに含まれるビタミン12が明日葉には豊富に含まれ
ており鉄分の補給により貧血を予防し頭痛なども軽減します。

■ むくみの解消
明日葉に含まれる豊富なカリウムには利尿作用があり
たまりすぎた塩分と水分を排出してくれることによって
むくみが解消されます。

■便秘の解消
明日葉茶に含まれる豊富な植物繊維によって
便秘を解消してくれるのです。
頑固な便秘でお悩みの方は試してみてくださいね。

その他にも明日葉には

・整腸効果
・動脈硬化の予防
・強精作用
・滋養強壮
・健胃
・老化防止
・認知症の予防
・骨粗鬆症
・育毛効果
・新陳代謝の促進
・糖尿病の予防
・高血圧予防
・アンチエイジング

など様々な効果があると言われています。

スポンサードリンク



明日葉茶作り方

ウコン茶

明日葉は葉、茎を使用します。
簡単に手に入りにくい植物ですので市販のお茶を
利用してもよいのですが手に入ったら手作りして
みましょう。

①明日葉の葉を綺麗に洗い束ねて軒先などに4~5日
干して乾燥させます。
②乾燥した明日葉はハサミや手もみなどで細かくします。
③明日葉ひとつまみを急須にいれ熱湯を注ぎ、1分くらい
蒸らしてからいただきます。

明日葉の青汁の作り方

明日葉青汁

いきなり明日葉だけだと刺激が強すぎるかもしれません。
牛乳やりんご、またお好みでレモンなど合わせて
作ってみましょう。

材料(2杯分)
明日葉    50g
ほうれん草  50g
りんご    1個
牛乳     適宜
はちみつ   お好みで
①明日葉はきれいに水洗いして水分を切る。
②リンゴは皮をむきレモンは皮をむいて種を除く
③すべての材料をジューサーにかける

「今日摘んでも明日に芽を出す」と言われる驚異の生命力
からこの名がつあるといわれていますいたと言われる「明日葉」
明日葉茶に含まれるポリフェノールのひとつであるカルコンや
ビタミン12はほかの植物には含まれない特有のものです。

昔から不老長寿の妙薬くとして珍重されてきた薬草明日葉
その効果を正しく理解し健康茶として活用していきたい
ですね。

 

 

こちらの記事もおすすめ

リンゴジャムの作り方と保存方法
“1日1個のリンゴは医者いらず”といった諺があるようにリンゴは栄養価の高い果物で知られています。リンゴの成分であるリンゴポリフェノールには動脈硬化などの原因となる中性脂肪を減らす働きがあると言われています。
ハーブティー「スペアミントティー」の効果・効能
スペアミント(spearmint)はヨーロッパを原産とするシソ科の多年です。和名はミドリハッカ(緑薄荷)オランダハッカ(オランダ薄荷)チリメンハッカ(チリメン薄荷)などと呼ばれており夏から秋にかけ白い花を咲かせます。独特の芳香があり古くから
ドライレモンの作り方ともどし方
レモンはビタミンCの豊富な果物ですが熱を加えることによって失われてしまいます。そのためドライレモンづくりは熱を加えない天日乾燥がおすすめです。またビタミンCは皮の部分のほうがたくさん含まれています。無農薬のレモンが手に入ったら皮も刻んで干し
ピンクグレープフルーツの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
グレープフルーツに含まれるポリフェノール類のナリンギンやアピゲニンには抗酸化作用があり老化の原因となる活性酸素を除去することでアンチエイジング効果が期待されています。またグレープフルーツにはビタミンCも豊富に含まれておりコラーゲンの生成を助
ナタマメの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ナタマメが歯周病予防と蓄膿予防に効果的であるとして近年注目されています。これはナタマメに含まれるカナバニンという物質に血行促進作用がありコンカナバリンAには膿を出す効果がみられるためです。コンカナバリンA・カナバリンは免疫を正常化する作用が
おいしくて簡単「ラディッシュ」の糠漬けを漬けてみよう!!
ラディッシュには大根と同じくジアスターゼが含まれており消化を助ける働きがあります。またビタミンCが豊富に含まれ美肌効果や風邪予防などに効果的です。

 

スポンサードリンク



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Pocket
LINEで送る

タイトルとURLをコピーしました