健康茶「黒にんにく茶」の効果・効能

健康茶
Pocket
LINEで送る

四季のある日本には季節ごとにさまざまな植物が生育しています。
その中には、古くから健康茶や野草茶として愛飲されているものも数多く存在します。
このサイトでは、そんな健康茶や野草茶として知られる、野菜や植物の効能や成分、淹れ方などを紹介しています。

黒ニンニクとは

黒にんにく茶に使用される黒にんにくとは温度と湿度を調整し約1ヶ月熟成させて作られたもので発酵することで黒く変色します。
もともとにんにくは栄養価のたかい野菜ですが発酵することによりさらに効果が高まると言われています。

黒にんにく

黒にんにく茶の主な有効成分

・アリシン
・たんぱく質
・炭水化物
・ポリフェノール
・アリチアミン
・スコルジニン
・カリウム
・マグネシウム
・ビタミンB

 

黒にんにく茶の効能

■風邪・インフルエンザ予防
黒にんにく茶に含まれるアリシンには殺菌・抗菌効果があり風邪・インフルエンザの予防に効果があります。

■アンチエイジング効果
黒にんにくに含まれるアリシンには老化の原因となる細胞の酸化を防ぐ抗酸化作用がありアンチエイジングの効果があります。

■血流を改善
黒にんにく茶に含まれるアリシンの抗酸化作用は余分な脂肪や悪玉コレステロールの抑え血管をひろげてサラサラにする効果も期待されます。

■疲労回復効果
黒にんにく茶に含まれるアリチアミンが糖のエネルギーの代謝を促進することによって疲労回復を助けます。

■免疫力を高める
黒にんにくには通常のにんにくよりさらに抗酸化作用が強まるので免疫力が高まります。

 

スポンサードリンク



 

黒にんにく茶には他にも

● 痛風改善
● 滋養強壮
● カラダを暖める作用
● 生活習慣病予防
● アレルギー改善
● 花粉症予防
● 殺菌作用
● 高血圧予防

などの効能があると言われています。

黒にんにく

 

黒にんにく茶飲み方

黒にんにく茶
①黒にんにくの外側の皮を剥く

②急須に一つまみの黒にんにくの皮をいれ熱湯を注ぎます。

③5分くらい蒸らして抽出させてからいただきます。

 

黒ニンニク茶のおすすめポイント

にんにくはもともと栄養価が高く風邪予防や殺菌効果など小さな粒にさまざまな効果があることで知られていますが熟成させることによりさら効果が高まると言われています。

しかし栄養価が高いことはわかっていてもあの独特の臭みには抵抗がある方も多いのではないでしょうか?

黒にんにく茶は長い時間をかけて熟成させることによってその匂いが薄れるため非常にのみやすくなるのが特徴です。
風邪予防や疲れやすい方、アンチエイジングに興味がある方などにおすすめの健康茶です。

 

 

こちらの記事もおすすめ

リンゴジャムの作り方と保存方法
“1日1個のリンゴは医者いらず”といった諺があるように リンゴは栄養価の高い果物で知られています。 リンゴの成分であるリンゴポリフェノールには動脈硬化など の原因となる中性脂肪を減らす働きがあると言われています。
ハーブティー「スペアミントティー」の効果・効能
スペアミント(spearmint)はヨーロッパを原産とするシソ科の多年です。和名はミドリハッカ(緑薄荷)オランダハッカ(オランダ薄荷)チリメンハッカ(チリメン薄荷)などと呼ばれており夏から秋にかけ白い花を咲かせます。独特の芳香があり古くから
ドライレモンの作り方ともどし方
レモンはビタミンCの豊富な果物ですが熱を加えることによって 失われてしまいます。 そのためドライレモンづくりは熱を加えない天日乾燥がおすすめです。 またビタミンCは皮の部分のほうがたくさん含まれています。 無農薬のレモンが手に入ったら皮も刻んで干してみましょう。
ピンクグレープフルーツの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
グレープフルーツは亜熱帯を原産とする柑橘類の一種で ピンクグレープフルーツは果肉がピンク色「ルビー」という の品種です。 ピンクグレープフルーツは酸味が弱く甘いので生食に 向いています。
ナタマメの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
なた豆は熱帯アジアを原産とするはマメ亜科の一年草です。 夏に開花し実が非常に大きいのが特徴です。 アカナタマメとシロナタマメの無農薬のものを食用とします。
おいしくて簡単「ラディッシュ」の糠漬けを漬けてみよう!!
ラディッシュは、アブラナ科ダイコン属の植物で和名 はハツカダイコン大根です。 小さな赤い球形の根をつけ、巻いてから20日くらいで収穫 できることからこの名で呼ばれています。 主に酢漬けやサラダなどで生食されます。

 

スポンサードリンク



 

注意
このサイトで紹介しているお茶の効能につきましては一般的に伝えられている情報などをもとにしており、すべての方に効果があることを保証するものではございません。
お薬を飲まれている方、持病のある方、また妊娠されている方など気になる方は、医師にご相談の上お試しいただくようお願いします。
Pocket
LINEで送る

タイトルとURLをコピーしました