健康茶「ケール」の効果・効能

Pocket
LINEで送る

ここでは青汁の代表ともいえるケールの効果・効能
について調べてみました。

ケールはキャベツの原種で地中海沿岸が原産の
非常に栄養価の高い植物で知られています。

ケール

  ケールの栄養素

・βカロテン
・ビタミンA
・ビタミンC
・ビタミンE
・食物繊維
・カルシウム
・メラトニン
・ルテイン

  ケールの効能

■骨粗鬆症予防
ケールに豊富に含まれるカルシウムによって歯や骨を
丈夫に保つことによって骨粗鬆症予防にもつながります。

■美肌効果
ケールに豊富に含まれるビタミンEが肌再生を促すことに
ニキビやくすみといった肌トラブルから解放される為
美肌効果が期待できると言われています。

■便秘解消
ケールに含まれる豊富な食物繊維が、腸内環境を整える
働きがあり便秘の改善につながります。

■ダイエット効果
ケールに含まれる水溶性食物繊維は、コレステロールを
除去し腸内に長くとどまり満腹感が感じられることで
ダイエット効果が期待できます。

■眼精疲労
ケールに含まれるβカロテンには人がものを見るに
あたって欠かせないロドプシンの生成を助ける作用があり
眼精疲労を予防する効果があると言われています。

■アンチエイジング
ケールに含まれるSOD酵素やビタミンには抗酸化作用が
ありシワやシミなど老化の原因となる活性酸素を除去する
為アンチエイジングにつながります。

■糖尿病予防
ケールに含まれる食物繊維には血糖値を抑制する働きがあり
がインスリンの分泌を抑えることで糖尿病予防の効果が期待
できます。

■安眠効果
ケールに含まれるメラトニンには神経を静める働きがあり
ストレス性睡眠障害などを改善し安眠効果が得られると
言われています。

他にもケールには
● ストレスを緩和
● 精神疾患
● 風邪予防
● インフルエンザ予防
● 目や肌をきれいに保つ
● 粘膜や皮膚を正常に保つ
● 不眠症予防
● 美肌効果
● ストレスを軽減
● 血糖値上昇抑制
● 動脈硬化予防
● 活性酸素抑制
● コレステロール増加抑制
● 緑内障予防
● 生活習慣病予防

などの効果が期待できると言われています。

 

スポンサードリンク



  ケールの育て方

ケールは生命力が高く一年を通して栽できるので
育てやすい植物でもあります。
家庭菜園が可能であればチャレンジしてみましょう。
時期を少しずつづずらして種をまくとほぼ一年中
収穫できます。

ケール

  ケールの飲み方

このようにケールは青汁の中でも非常に栄養価の
高い植物ですが苦みや青臭さからどうしても飲みにくい
という欠点があります。
青汁の効果は一日、二日で効果が表れるものではありませ
んので飲み続けていくには工夫が必要です。

バナナ入りケール青汁

材料(2人前)

・ケールの葉    2枚
・牛乳または豆乳  300cc
・バナナ      1本
・はちみつ     大匙1
・レモン汁     適宜

作り方

①ケールは細かく切る

②バナナは一口大に切る

③材料全てをミキサーにかける。

 

リンゴ入りケール青汁

材料(2人前)

ケールの葉   2枚
水       300cc
りんご     1個
はちみつ    大匙1
レモン汁    適宜

①ケールは小さく切る

②リンゴは一口大に切る

③材料全てをミキサーにかける。

ケール

 

ケールは非常に生命力の高い植物で栄養価も高く
ビタミンの含有量は緑黄色野菜の中でもトップ
βカロテンはにんじんの2倍、カルシウムは牛乳の2倍
以上もあるといわれています。

今すぐにでも取り入れていきたい効果・効能がこれでもか
というくらいいっぱい詰まっているケールです。
「良薬口に苦し」ですが
自分なりの飲み方を工夫して上手に続けていきましょう。

 

おすすめ記事

干し野菜の簡単な作り方

自家製漬物を漬けてみよう

旬の野菜をたっぷり摂ろう

旬の果物をたっぷり摂ろう

暮らしにハーブを取り入れよう

自家製ジャムと果実酒の作り方

 

スポンサードリンク



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Pocket
LINEで送る