「レモンバーム」の効果・効能とは

ハーブティー
Pocket
LINEで送る

四季のある日本には季節ごとにさまざまな植物が生育しています。
その中には、古くから健康茶や野草茶として愛飲されているものも数多く存在します。
このサイトでは、そんな健康茶や野草茶として知られる、野菜や植物の効能や成分、淹れ方などを紹介しています。

レモンバームとは

葉に触れるだけで爽やかなレモンの香りに包まれるハーブ、レモンバームは南ヨーロッパ原産でコウスイハッカ属シソ科の多年生のハーブです。

レモンムーバ

 

レモンバームの主な成分

ロズマリン酸
シトラール
タンニン

 

レモンバームの効能

■花粉症の軽減
レモンバームに含まれるロズマリン酸に花粉症を引き起こす原因のヒスタミンの分泌を抑える効果があるため花粉症の症状を和らげます。

■ストレス改善効果
レモンバームの精油成分にはイライラ・ヒステリー興奮状態などを静める効果があり抑うつ症やストレスなどを軽減する効果があります。

■うつ病などの改善効果
レモンバームの爽やかな香りは神経の緊張などを和らげ、穏やかな心を保つことで抑うつ症を好転させる効果も期待できます。

■消化を促進する効果
レモンバームの爽やかな香りは食欲を増進させ消化を促す効果が期待されます。

■風邪の症状緩和
レモンバーム油の発汗作用により風の症状を緩和する効果が期待されます。

 

その他にもレモンバームには

●脳の活性化
●若返り
●抗菌
●高血圧
●頭痛
●消化不良改善

等、その独特の香り成分には様々な効果があると言われています。

 

スポンサードリンク



 

レモンバームの育て方

レモンバームの育て方は以外とかんたん鉢に入れて育ててみましょう。
いい香りがただよい素敵なインテリアとしても楽しめます。

・花屋さんのハーブコーナーからレモンバームの苗を買ってきましょう。

・直射日光を避け明るい日陰に置きます。

・土の表面が乾いたらたっぷり水やりをしましょう。

・肥料は化成肥料を少し与えましょう。

 

レモンバームティーの飲み方

①ポットを温めます。

②綺麗に洗ったレモンバームの葉をポットに入れ熱湯を注ぎます。

③3~5分蒸らしてきれいな緑色が出たらいただきます。

レモンムーバ

 

レモンバームティーのおすすめポイント

ヨーロッパでは「長寿のハーブ」として古くから親しまれてきたレモンバーム。
その爽やかな香りは心をリラックスさせ疲れを癒してくれます。

ストレス社会と言われる現在、イライラと落ち着かない不安で眠れない、興奮が収まらない、そんな時にはゆったりとレモンバームの香りを楽しんでみましょう。

 

 

 

こちらの記事もおすすめ

リンゴジャムの作り方と保存方法
“1日1個のリンゴは医者いらず”といった諺があるように リンゴは栄養価の高い果物で知られています。 リンゴの成分であるリンゴポリフェノールには動脈硬化など の原因となる中性脂肪を減らす働きがあると言われています。
ハーブ「チャイブ」の淹れ方や、効能、育て方
チャイブとはチャイブ茶に利用するチャイブ(Chives)はアメリカやユーラシア大陸原産のネギ属の多年草で別名セイヨウアサツキとも呼ばれています。ビタミンCやカロテンを豊富に含み栄養価が高いことでも知られています。チャイブ茶の主な有効成分・ビ
ドライレモンの作り方ともどし方
レモンはビタミンCの豊富な果物ですが熱を加えることによって 失われてしまいます。 そのためドライレモンづくりは熱を加えない天日乾燥がおすすめです。 またビタミンCは皮の部分のほうがたくさん含まれています。 無農薬のレモンが手に入ったら皮も刻んで干してみましょう。
ピンクグレープフルーツの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
グレープフルーツは亜熱帯を原産とする柑橘類の一種で ピンクグレープフルーツは果肉がピンク色「ルビー」という の品種です。 ピンクグレープフルーツは酸味が弱く甘いので生食に 向いています。
ナタマメの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
なた豆は熱帯アジアを原産とするはマメ亜科の一年草です。 夏に開花し実が非常に大きいのが特徴です。 アカナタマメとシロナタマメの無農薬のものを食用とします。
おいしくて簡単「ラディッシュ」の糠漬けを漬けてみよう!!
ラディッシュは、アブラナ科ダイコン属の植物で和名 はハツカダイコン大根です。 小さな赤い球形の根をつけ、巻いてから20日くらいで収穫 できることからこの名で呼ばれています。 主に酢漬けやサラダなどで生食されます。

 

スポンサードリンク



注意
このサイトで紹介しているお茶の効能につきましては一般的に伝えられている情報などをもとにしており、すべての方に効果があることを保証するものではございません。
お薬を飲まれている方、持病のある方、また妊娠されている方など気になる方は、医師にご相談の上お試しいただくようお願いします。
Pocket
LINEで送る

タイトルとURLをコピーしました