日本のハーブ「大葉」の清涼感ある香りと味。その驚くべき効能とは?

健康
Pocket
LINEで送る

大葉はさまざまな料理の付け合わせや薬味としてその
清涼感ある独特の香りと風味は日本のハーブとして幅広く
浸透していますがシソには味、香り以外にも驚くべき
効能があります。
改めてここではその効能について調べてみたいと思います。

青紫蘇

  大葉の 栄養素は

カロテン(ビタミンA)
熱量
タンパク質
脂質
炭水化物
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
カルシウム
カリウム

中でも
カロテン(ビタミンA)の100g当たりの含有量は
11000μgとダントツです。

 

  青葉(青紫蘇)の効能

■食欲増進効果

紫蘇の中に含まれる香り酵素「ペリルアラデヒド」
「リモネン」「ピネン」が食欲増進効果や消化吸収
効果を高めてくれます。

■アンチエイジング効果

紫蘇に含まれる「ロズマリン酸」には
体内の細胞を酸化させ老化を引き起こす原因にもなる
活性酸素を除去する効果があると言われています。
ビタミンEで肌のしみ、しわを予防します。

■殺菌作用

しそに香りの成分の「ぺリアルデヒド」には殺菌作用
また防腐作用もあり生の魚にあたるのを防ぐ効果があります。
刺身のかたわらに添える紫蘇には見た目だけでなく
こういった効果もあったのですね。

■鎮静作用

神経の高ぶりで眠れない、イライラする。
そんな時はシソ酒をr試してみましょう。
精神が安定し気持ちが静められることで不眠に効果が
あります。を飲むと熟睡できます。

青紫蘇花

■腹痛の軽減

お腹を壊した時はシソがいいと聞いたことがありますが
しそ茶を飲むと、下痢や腹痛が改善されます。

その他にも青紫蘇には

アトピーや花粉症などのアレルギー症状を緩和
血圧の上昇を抑える
腸や心臓などの働きを正常に保つ
ビタミンKで骨粗しょう症の防止
などさまざまな効果があると言われています。

 

スポンサードリンク



 

  大葉の保存方法

①大葉の葉はきれいに洗ってざるなどに広げ
3日間~5日間くらい程度、乾燥させます。

②乾燥した紫蘇を細かく切ります。

◆しそ茶の作り方
材料
一番てっとり早く摂取できる紫蘇茶はおすすめ
簡単に作れるのでチャレンジしてみましょう。

材料
青紫蘇
水…1.8リットル

紫蘇茶

保存した乾燥紫蘇をお茶パックに入れやかんで沸かします

 

  紫蘇酒の作り方

大葉がたくさん摂れる時期に手作りの紫蘇酒を作って
みましょう。

紫蘇の葉 70~80枚
氷砂糖  200g
レモン  2~3個
ホワイトリカー  1.8リットル

作り方
①紫蘇の葉は洗って水けを綺麗にふき取る。

②レモンは皮をむき輪切りにする

③消毒した瓶に紫蘇の葉と砂糖を交互に入れていき
レモンを入れホワイトリカーを注ぐ。

④1週間~10日程で葉とレモンを取り出す。

1か月くらいで飲めるようになります。

 

  入浴剤として

乾燥させた紫蘇野葉は入浴剤としても
使用できます。
同じく細かく刻んでから袋に入れ浴槽に浮かべましょう。

血行がよくなり肌がすべすべになるだけでなく
リュウマチや神経痛にも効果があると言われています。

また、しそには鉄分が多く含まれていますので、
貧血にも効果的です。
たくさんの栄養素と効能をもつ青葉をこれからも
積極的に取り入れていきたいものですね。

 

 

こちらの記事もおすすめ

自家製 オレンジ酒の作り方と保存方法
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。これらの果物を果樹酒にすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。素材だけで手作りしたジャムは安心していただくことができます。コツをつかめば簡単にさまざまな果物
ハーブティー「赤ブドウの葉ティー」の効果・効能
赤ぶどう(red grapes)は、ヨーロッパ、地中海などを原産とするブドウ科 ブドウ属のつる性落葉低木で英名 CommonGrape(コモン・グレープ)と呼ばれています。成分のアントシアニンには強い抗酸化があり目の健康やアンチエイジングに
切り干し大根の作り方ともどし方
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。野菜や果物には乾燥することによ
ハックルベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
ブロッコリースプラウトの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の野菜をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野菜が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の野菜が一番安価で
おいしくて簡単「蕪」の昆布漬けを作ってみよう!!
日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物は安全で格別です。日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜や果物が手に入ります。材料

 

スポンサードリンク



Pocket
LINEで送る

タイトルとURLをコピーしました