カテキンが豊富な緑茶。他にはどんな効能があるの?

健康茶
Pocket
LINEで送る

四季のある日本には季節ごとにさまざまな植物が生育しています。
その中には、古くから健康茶や野草茶として愛飲されているものも数多く存在します。
このサイトでは、そんな健康茶や野草茶として知られる、野菜や植物の効能や成分、淹れ方などを紹介しています。

緑茶とは

緑茶は、摘み取った茶の葉を加熱処理して、茶葉中の発酵を妨げたお茶です。
日本茶の煎茶、ほうじ茶、抹茶は緑茶で、日本人にとって最も身近でよく飲まれているお茶と言えます。

緑茶

 

緑茶の成分

ビタミンC
抗酸化作用
ビタミンB2
テアニン
葉酸
動脈硬化予防
β-カロテン
ビタミンE
サポニン
γ-アミノ酪酸
ミネラル
クロロフィル

 

緑茶の効能

■O-157に有効
緑茶に含まれるカテキンには体内の有害菌をやっつける高い殺菌作用があると発表されました。

■食中毒の予防
食中毒の原因となる腸炎ビブリオ菌は緑茶と一緒に摂ることでその殺菌力で死滅すると言われています。
生ものなどをとる際にも緑茶と一緒にいただきましょう。

■虫歯予防
緑茶の殺菌力は虫歯予防にも効果を発揮します。
お茶に含まれるタンニンとフッ素が歯を丈夫にし殺菌作用で虫歯になりにくくなります。

■ダイエット効果
緑茶に含まれるタンニンが脂肪を分解する酵素の働きを活発にしてくれます。
また緑茶はいくらのんでもノンカロリーで太る心配はありません。
その上ダイエットで不足しがちなミネラルも補給できるのです。

緑茶

■美容効果
緑茶に含まれる豊富なビタミンCは日焼けによるメラニン色素の生成を抑制する効果もあり瑞々しい弾力肌を作り出してくれる美容にはもってこいのお茶です。

■記憶力をアップさせる
緑茶に含まれるカフェインは中枢神経にも作用し判断力や記憶力の増強などの学習効果に役立つことも証明されています。

■口臭を防ぐ
緑茶に含まれる殺菌作用が口内の細菌の繁殖を防ぎお茶の香りが口臭も予防してくれます。
緑茶でうがいをするのもおすすめです。

■花粉症の緩和
アレルギーの原因物質を抑えるヒスタミンが出るのを防ぐ抗ヒスタミン効果によりアレルギーを抑える事ができると言われています。

 

スポンサードリンク



 

■風邪などの予防
正常な体は弱アルカリ性ですが高カロリーなどの食生活により酸性に傾き崩れた体調をアルカリ性食品の緑茶を取り入れることによって風邪などの予防や病気の治療効果を高める働きがあると言われています。

その他にも善玉コレストロールの増加により、動脈硬化を予防したり脳卒中予防、血糖値を下げる血圧を降下させるなどさまざまな効果が発表されています。

 

緑茶の飲み方

①ポットなどに人数分のお湯を沸かして80度くらいになるまで少し覚まします。
(緑茶のビタミンCへ熱に強く80℃くらいまでは壊れないため)

②急須にお茶の葉を入れ(3人分で約6g)お湯をそそぎます。

②1分ほど蒸らしてからいただきます。

緑茶

緑茶のおすすめポイント

ビタミンEの10倍の抗酸化効果を持つと言われさまざまな効果が期待できる緑茶ですが緑茶に含まれるビタミンCは熱に強く壊れにくいという特色もあると言われています。
誰でも手に入れやすく身近な緑茶を毎日の生活に積極的に取り入れていきましょう。

 

 

 

こちらの記事もおすすめ

自家製 オレンジ酒の作り方と保存方法
オレンジ(orange)は、インドのアッサム地方を原産とする ミカン科ミカン属の常緑小高木になる果実です。 フレッシュな果実は生食されるほかジュースやジャム、スム ージーなどに利用されます。
ハーブ「コリアンダー」の淹れ方、効能、育て方
コリアンダーとはコリアンダー(Coriander)は地中海東部を原産とするセリ科の一年草です。日本ではパクチーとも呼ばれ近年急激に浸透し注目を浴びている野菜で独特の香りと味が特徴です。コリアンダーティーの主な有効成分・フラボノイド・フェノー
切り干し大根の作り方ともどし方
大根は一年中スーパーの店頭に並んでますが旬は冬です。 冬の大根は水分を含み甘くておいしくて安価です。 冬は湿気が少なくきれいに乾燥することができます。きれいな 大根が手に入ったら是非一度チャレンジしてみましょう。
ハックルベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ハックルベリーは、ナス科の植物でブルーベリーを 大きくしたような実がなり食用になります。 ハックルベリーは主に、フレッシュジュースやスープ、 ジャム、キャンディー、パンケーキ、サラダドレッシング などに用いられます。
ブロッコリースプラウトの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
スプラウトとは、穀類や豆類、野菜の種子の発芽したもので ブロッコリースプラウトはブロッコリーの新芽です。 新芽野菜のもっとも一般的なのはもやしで、さまざまな料理に 使われています。
おいしくて簡単「蕪」の昆布漬けを作ってみよう!!
蕪は、アブラナ科アブラナ属の越年野菜でカブラ スズナなどとも呼ばれます。 肥大した球形の根を食用とされ、大根よりは実が柔らかい ので漬物にもぴったりです。

 

スポンサードリンク



 

注意
このサイトで紹介しているお茶の効能につきましては一般的に伝えられている情報などをもとにしており、すべての方に効果があることを保証するものではございません。
お薬を飲まれている方、持病のある方、また妊娠されている方など気になる方は、医師にご相談の上お試しいただくようお願いします。
Pocket
LINEで送る

タイトルとURLをコピーしました