健康茶「キンミズヒキ茶」の効果・効能

健康
Pocket
LINEで送る

ンミズヒキ茶 に利用するキンミズヒキはバラ科の多年草で
夏に黄色の小花が稲穂のように細長くつく様からキンミズヒキ
(金の水引)に似ていることからこの名がつけられたと言われ
ています。

  キンミズヒキ茶の主な有効成分

・クマリン
・ルテオリン
・アグリモノイド
・タキシフォリン
・カテコール
・ケイ素
・タンニン
・精油
・鉄
・タンニン

 

  キンミズヒキ茶の効果・効能

キンミズヒキ茶にはタンニンが豊富に含まれており
下痢止めなどに効果を発揮します。

またキンミズヒキ茶でうがいをすることによって
口内炎の改善にも効果があると言われています。

その他にもキンミズヒキ茶には

● 生理不順改善
● 鼻血の止血
● 痔の止血効果
● 湿疹改善
● かぶれ皆瀬
● 新陳代謝の促進
● 止血効果

などにも効能が期待できるとされています。

 

スポンサードリンク



   キンミズヒキ茶の作り方

①夏から秋口にかけて全草を採取します。

②水できれいに洗ってから天日干しにします。

③カラカラに乾いたらハサミや手もみなどで細かく
し清潔な瓶などに保存します。

 

  キンミズヒキ茶の飲み方

①やかんにキンミズヒキの茶葉を10~15gと水を600cc入れ
火にかけます。

②沸騰したら火を弱め15分ほど煮詰めて抽出させます。

③一日3回に分け食間に飲みましょう。

 

キンミズヒキは野原や山中でもよく見かける植物で種子が
衣服などに付着することから「ひっつきむし」と呼ばれたり
します。
全草を乾燥させたものは仙鶴草(せんかくそう)という生薬
として漢方でも利用されてきました。

キンミズヒキ茶は甘みがありさっぱりとした飲み口です。

湿疹や下痢などに摂取する他、口内炎にはキンミズヒキ茶での
うがいもおすすめです。

 


 

こちらの記事もおすすめ

自家製 オレンジ酒の作り方と保存方法
フレッシュな果実は生食されるほかジュースやジャム、スムージーなどに利用されます。オレンジには美肌・美白効果や風邪予防効果のあるビタミンCや疲れ予防に効果的なクエン酸などが豊富に含まれています。
ハーブティー「赤ブドウの葉ティー」の効果・効能
赤ぶどう(red grapes)は、ヨーロッパ、地中海などを原産とするブドウ科 ブドウ属のつる性落葉低木で英名 CommonGrape(コモン・グレープ)と呼ばれています。成分のアントシアニンには強い抗酸化があり目の健康やアンチエイジングに
切り干し大根の作り方ともどし方
大根は一年中スーパーの店頭に並んでますが旬は冬です。冬の大根は水分を含み甘くておいしくて安価です。冬は湿気が少なくきれいに乾燥することができます。
ハックルベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
ブロッコリースプラウトの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ブロッコリースプラウトの特徴はブロッコリーと比べてスルフォラファンという物質が豊富に含まれているところで、その含有量の5倍以上ともいわれています。スルフォラファンには活性酸素を除去する働きのある抗酸化作用があり、アンチエイジング効果や、生活
おいしくて簡単「蕪」の昆布漬けを作ってみよう!!
蕪にはβ―カロテンが含まれており、老化予防や生活習慣病の予防、目や髪の健康などを護る働きが期待されます。またビタミンCも豊富に含まれており免疫効果を高めてくれます。

 

スポンサードリンク



Pocket
LINEで送る

タイトルとURLをコピーしました