「クコ(枸杞)茶」にはどんな効能・効果があるの?

健康

食用・薬用として広く知られるクコの実ですが
ここでは健康茶として利用するクコ茶
効能・効果について調べてみました。

クコ茶

 

 クコとは 

クコはナス目ナス課の植物で東アジア(中国~日本)
原産の落葉低木です。
夏~初秋にかけて開花し果実は1.5cmほどの楕円形の
真っ赤な実をつけます。

クコの実

  クコ茶の栄養成分 

ベタイン
ゼアキサンチン
リノール酸
ビタミンC
ルチン
カフェロイルアミン
トランスカフェロイルチラミン
アピゲニン
リナリン
カフェイン
ノンカフェイン

 

  クコ茶の効能・効果

■肝機能活性化作用
クコ茶に含まれる赤色の色素ベタインには肝機能
を活性化作用があると言われています。

■冷え性改善
クコ茶に含まれるルチンには毛細血管を強化して
血の巡りを助けることで冷え性を改善する作用が
あります。

■美容効果
クコ茶には、ビタミン、ミネラル、鉄分を豊富に
含んでおり美容効果が期待できます。

■ダイエット効果
クコ茶に含まれるリノール酸にはコレステロールを
排出する作用がありダイエットにも効果があると
言われています。

その他クコ茶には

・疲労回復
・滋養強壮
・コレステロール低下作用
・血圧降下作用
・目の疲れ回復
・老眼防止
・高血圧予防
・腎機能改善
・循環器機能改善
・脂肪肝改善
・動脈硬化予防
・高血圧予防
・下痢
・更年期障害
・腰痛

などさまざまな効果があると言われています。

スポンサードリンク



  クコ茶の飲み方 

やかんで煮沸かす場合

クコ茶

①やかんに水1リットルと大さじ1杯~2杯のクコ茶を
入れ沸騰させる。

②弱火にして7分~8分煮詰めます。

急須で入れる場合

①急須にクコ茶を大さじ1~2杯を入れ熱湯をそそぐ。

②5分くらい蒸らしてからいただきます。。

 クコ粥 

クコはお茶として利用されるほかお粥にすると
消化にもよく体を温めることができるので
おすすめです。

クコ粥

  クコ粥の作り方

材料
ごはん(もち米可) 1合
水       お米の3倍くらい
クコの実    適宜
中華だしの素

醤油

①土鍋などにごはんとお水を入れ火にかける
②沸騰したら火を弱めクコの実と中華出しを入れ
コトコト好みの柔かさになるまで炊く
③塩、しょうゆで味を調える。

※豚肉・鶏肉・ホタテなど お好みで足して炊いたり
炊きあがったお粥に三ツ葉、白髪ネギ、パクチー
などお好みの薬味をトッピングしていただくと
いっそうおいしく頂けます。

 

中国では不老長寿のお茶として漢方薬として
使われているクコ茶
ビタミン・ミネラルが豊富でノンカフェインなので
安心して飲むことができます。

冷え性や二日酔い、パソコンの使い過ぎで目の
疲れを感じている方は試してみるとよいかもしれませんね。

 


 

こちらの記事もおすすめ

アメリカンチェリージャムの作り方と保存方法
アメリカンチェリーにはポリフェノールの一種であるケルセチンや抗酸化作用のあるアントシアニンが豊富に含まれておりアンチエイジング効果や眼精疲労、視力の改善などの効能が期待されています。
ハーブティー「ミントティー」の効果・効能
ミント(mint)はユーラシア大陸を原産とするシソ科の多年草で日本ではハッカ(薄荷)と呼ばれています。爽快感のあるミントはガムなどでよく知られています。
ドライデーツの作り方ともどし方
デーツは北アフリカなどを原産とするヤシ科の常緑高木の果実でナツメヤシとも呼ばれます。ビタミンCや食物繊維が豊富に含まれており女性にやさしいフルーツです。
洋梨の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ラ・フランスには活性酸素を抑える抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンEが含まれており、免疫力を高める働きにより美肌効果や老化予防に役立ちます。また食物繊維も豊富に含まれているため便秘解消や肥満防止にも効果的です。
ふきのとうの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ふきのとうにはカリウムが豊富に含まれており体内の余分なナトリウムを胚珠酢する働きがあり、むくみ予防や高血圧予防に効果的です。またケンフェールを含んでおり活性酸素を除去する働きによってアンチエイジング効果も期待されます。
https://hoshi-yasai.com/pickles/ami-tukudani

 

スポンサードリンク




タイトルとURLをコピーしました