「クコ(枸杞)茶」にはどんな効能・効果があるの?

健康
Pocket
LINEで送る

食用・薬用として広く知られるクコの実ですが
ここでは健康茶として利用するクコ茶
効能・効果について調べてみました。

クコ茶

 

 クコとは 

クコはナス目ナス課の植物で東アジア(中国~日本)
原産の落葉低木です。
夏~初秋にかけて開花し果実は1.5cmほどの楕円形の
真っ赤な実をつけます。

クコの実

  クコ茶の栄養成分 

ベタイン
ゼアキサンチン
リノール酸
ビタミンC
ルチン
カフェロイルアミン
トランスカフェロイルチラミン
アピゲニン
リナリン
カフェイン
ノンカフェイン

 

  クコ茶の効能・効果

■肝機能活性化作用
クコ茶に含まれる赤色の色素ベタインには肝機能
を活性化作用があると言われています。

■冷え性改善
クコ茶に含まれるルチンには毛細血管を強化して
血の巡りを助けることで冷え性を改善する作用が
あります。

■美容効果
クコ茶には、ビタミン、ミネラル、鉄分を豊富に
含んでおり美容効果が期待できます。

■ダイエット効果
クコ茶に含まれるリノール酸にはコレステロールを
排出する作用がありダイエットにも効果があると
言われています。

その他クコ茶には

・疲労回復
・滋養強壮
・コレステロール低下作用
・血圧降下作用
・目の疲れ回復
・老眼防止
・高血圧予防
・腎機能改善
・循環器機能改善
・脂肪肝改善
・動脈硬化予防
・高血圧予防
・下痢
・更年期障害
・腰痛

などさまざまな効果があると言われています。

スポンサードリンク



  クコ茶の飲み方 

やかんで煮沸かす場合

クコ茶

①やかんに水1リットルと大さじ1杯~2杯のクコ茶を
入れ沸騰させる。

②弱火にして7分~8分煮詰めます。

急須で入れる場合

①急須にクコ茶を大さじ1~2杯を入れ熱湯をそそぐ。

②5分くらい蒸らしてからいただきます。。

 クコ粥 

クコはお茶として利用されるほかお粥にすると
消化にもよく体を温めることができるので
おすすめです。

クコ粥

  クコ粥の作り方

材料
ごはん(もち米可) 1合
水       お米の3倍くらい
クコの実    適宜
中華だしの素

醤油

①土鍋などにごはんとお水を入れ火にかける
②沸騰したら火を弱めクコの実と中華出しを入れ
コトコト好みの柔かさになるまで炊く
③塩、しょうゆで味を調える。

※豚肉・鶏肉・ホタテなど お好みで足して炊いたり
炊きあがったお粥に三ツ葉、白髪ネギ、パクチー
などお好みの薬味をトッピングしていただくと
いっそうおいしく頂けます。

 

中国では不老長寿のお茶として漢方薬として
使われているクコ茶
ビタミン・ミネラルが豊富でノンカフェインなので
安心して飲むことができます。

冷え性や二日酔い、パソコンの使い過ぎで目の
疲れを感じている方は試してみるとよいかもしれませんね。

 


 

こちらの記事もおすすめ

アメリカンチェリージャムの作り方と保存方法
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。これらの果物をジャムにすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。素材だけで手作りしたジャムは安心して食べられます。コツをつかめば簡単にさまざまな果物をジャムに
ハーブティー「ミントティー」の効果・効能
ミント(mint)はユーラシア大陸を原産とするシソ科の多年草で日本ではハッカ(薄荷)と呼ばれています。爽快感のあるミントはガムなどでよく知られています。  ミントティーの主な有効成分・ミントポリフェノール・メントール・メントン・ルテオリン・
ドライデーツの作り方ともどし方
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。野菜や果物には乾燥することによ
洋梨の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
ふきのとうの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の野菜をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野菜が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の野菜が一番安価で
おいしくて簡単「アミの佃煮」を作ってみよう!!
日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物は安全で格別です。日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜や果物が手に入ります。材料

 

スポンサードリンク



Pocket
LINEで送る

タイトルとURLをコピーしました