健康茶「ほうじ茶」の効果・効能

健康
Pocket
LINEで送る

ほうじ茶(ほうじちゃ)は、緑茶の一種で、番茶や
煎茶を焙煎したものです。
安価なうえに独特の香りが好まれ食事中のお茶としても
人気があります。

ほうじ茶

  ほうじ茶の主な有効成分

・クロロフィル
・テアニン
・ビタミンC
・ビタミンE
・カテキン

 

  ほうじ茶の効能

■美肌効果
ほうじ茶に含まれる豊富なビタミンCがニキビやシミを
予防し肌の潤いを保ちます。

■口臭予防
ほうじ茶に含まれるポリフェノールには抗菌作用
殺菌作用があり口の中の菌の繁殖防ぐことによって
口臭予防に効果があります。

■ダイエット効果
ほうじ茶に含まれるカテキンには、脂肪消費酵素
の働きを助ける作用があり脂肪を燃やすことに
よってダイエット効果が期待できます。

■アンチエイジング効果
ほうじ茶に含まれるカテキン、ビタミンEには
抗酸化作用がありアンチエイジング効果が高まります。

■インフルエンザ予防
ほうじ茶に含まれるカテキンインフルエンザの菌が
侵入するのを防ぐ効果があり予防につながります。
ほうじ茶でうがいをするのもおすすめです。

他にもほうじ茶には

● デトック効果
● 利尿作用
● 虫歯予防
● 風邪予防
● 高血圧予防
● 高血糖予防
● 動脈硬化を改善
● リラックス効果

などの効果が期待できると言われています。

 

スポンサードリンク



  ほうじ茶入れ方

煮出して入れる場合

①やかんにほうじ茶葉大匙3と1リットルの水をいれ
火にかけます。

②沸騰したら火を弱め5分くらい煮出します。

ほうじ茶

 

急須で入れる場合

①急須にティースプーン2のほうじ茶葉を入れ熱湯を
注ぎます。

③1分くらい蒸らしてからいただきます。

 

ほうじちゃは独特の香ばしい香りがあり口当たりは
なめらかでのみやすいお茶です。
カフェインが少ないので安心して飲むことができます。

ほうじ茶にはリラックス効果もありほっと一息
つきたいときなどにもおすすめです。

またほうじ茶には豊富なビタミンCが含まれ熱にも強いと
いう特徴がありますのでほうじ茶を常時飲むことに
よって風邪予防にもつながります。

他にもアンチエイジングに興味のある方、歯を健康に
保ちたい方、またお子さんやお年寄りの方にもおすすめ
の健康茶です。

 

 

こちらの記事もおすすめ

リンゴジャムの作り方と保存方法
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。これらの果物をジャムにすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。素材だけで手作りしたジャムは安心して食べられます。コツをつかめば簡単にさまざまな果物をジャムに
ハーブティー「スペアミントティー」の効果・効能
スペアミント(spearmint)はヨーロッパを原産とするシソ科の多年です。和名はミドリハッカ(緑薄荷)オランダハッカ(オランダ薄荷)チリメンハッカ(チリメン薄荷)などと呼ばれており夏から秋にかけ白い花を咲かせます。独特の芳香があり古くから
ドライレモンの作り方ともどし方
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。野菜や果物には乾燥することによ
ピンクグレープフルーツの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
ナタマメの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の野菜をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野菜が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の野菜が一番安価で
おいしくて簡単「ラディッシュ」の糠漬けを漬けてみよう!!
日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物は安全で格別です。日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜や果物が手に入ります。材料

 

スポンサードリンク



Pocket
LINEで送る

タイトルとURLをコピーしました