健康茶「ウーロン茶」の効能効果とは

中国茶
Pocket
LINEで送る

四季のある日本には季節ごとにさまざまな植物が生育しています。
その中には、古くから健康茶や野草茶として愛飲されているものも数多く存在します。
このサイトでは、そんな健康茶や野草茶として知られる、野菜や植物の効能や成分、淹れ方などを紹介しています。

ウーロン茶とは

中国茶の烏龍茶(ウーロン茶)は、茶葉の発酵を途中で止めた半発酵茶で青茶に分類し、烏龍茶特有のウーロン茶重合ポリフェノールが含まれているのが特徴です。

ウーロン茶

ウーロン茶

 

烏龍茶の栄養成分は

重合ポリフェノール
カリウム
カルシウム
マグネシウム
カフェイン
タンニン
カフェイン
カテキン
テアニン
タンニン

 

烏龍茶の効能は

■ダイエット効果
ウーロン茶に含まれる重合ポリフェノールには脂肪分解を促進する働きがあるため、ダイエットに効果が期待されます。

■利尿作用
烏龍茶に含まれるカフェインが利尿作用を促進し覚醒作用もあります。

■リラックス効果
ウーロン茶に含まれるテアニンにはリラクゼーション効果があるといわれています。

■抗酸化作用
烏龍茶に含まれるタンニンに抗酸化作用があります。

 

その他にも烏龍茶には

● 利尿作用
● 疲労回復
● 覚醒作用、
● 血圧上昇抑制
● 抗菌作用
● 抗ウイルス作用
● 精神安定効果
● 肥満防止
● 虫歯予防
● 抗酸化作用
● 下痢予防
● 利尿作用
● 肥満予防
● 老化防止
● 虫歯予防
● 高血圧予防
● 消化促進

などの効能があると言われています。

 

スポンサードリンク



 

ウーロン茶の種類

ウーロン茶にはたくさんの種類があり特に有名なものとしては
・凍頂烏龍茶(とうちょううーろんちゃ)台湾を代表するウーロン茶
・東方美人茶(とうほうびじんちゃ)主に台湾国内で消費される
・鉄観音(てっかんのん)福建省南部産地で日本でも有名
・武夷岩茶(ぶいがんちゃ)福建省の烏龍茶の代表的銘茶
などがあります。

 

緑茶との違いは

緑茶は茶葉を発酵させずに乾燥させたもの、ウーロン茶は茶葉を発酵途中で止めたもの、紅茶は発酵させたものです。

 

ウーロン茶の飲み方

ウーロン茶

①温めた急須に烏龍茶の茶葉を10g入れ熱湯を注ぎすぐに捨てます(茶葉を開くため)

②もう一度熱湯を200cc入れます。

③1分くらい蒸らしてからいただきます。
(二番茶、三番茶と楽しめますが少しずつ蒸らす時間を長めにするのがコツです)

 

 ウーロン茶のおすすめポイント

日本でも有名で手に入りやすいウーロン茶はダイエットに興味のある方、脂っこいものが大好きな方、または脂っこいものを食べすぎたときなどにおススメですが、カフェインが含まれているので就寝前は避けたほうがよいかもしれませんね。

 

 

 

こちらの記事もおすすめ

自家製 生姜酒の作り方と保存方法
ジンジャーはショウガ科の多年草であり、様々な料理の 香辛料や薬味としてまた生薬として利用されています。 日本では高知県の生姜が有名で全国に発送されています。
ハーブ「赤ブドウの葉」の淹れ方、効能、育て方
赤ブドウとは赤ぶどうは、ヨーロッパ、地中海などを原産とするブドウ科 ブドウ属のつる性落葉低木で英名 CommonGrape(コモン・グレープ)と呼ばれています。成分のアントシアニンには強い抗酸化があり目の健康やアンチイジングに良いということ
干しシイタケの作り方ともどし方
椎茸の成分エルゴステロールは日光に当たることによってビタミ ンDに変わるため干すことでビタミンDの含有量が増えます。 ビタミンDは骨を丈夫にしたり、骨粗鬆症予防などにも役立ちます。
ハックルベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ハックルベリーは、ナス科の植物でブルーベリーを 大きくしたような実がなり食用になります。 ハックルベリーは主に、フレッシュジュースやスープ、 ジャム、キャンディー、パンケーキ、サラダドレッシング などに用いられます。
ルッコラの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ルッコラは、地中海沿岸原産の一年草でアブラナ科の 葉野菜です。 独特のゴマのような風味で苦みがあります。 イタリア料理が日本に普及したことによって日本にも 定着しました。 おひたしやサラダに使用されるほかハーブティーとしても 活用されています。
おいしくて簡単「数の子」のワサビ漬けを作ってみよう!!
数の子は、ニシンのメスの魚卵で、塩漬けしたり乾 させたりして食用にします。 黄金の色と無数の卵からできていることから子孫繁栄 の縁起物としてお正月のお節料理には欠かせないもの となっています。

 

スポンサードリンク



注意
このサイトで紹介しているお茶の効能につきましては一般的に伝えられている情報などをもとにしており、すべての方に効果があることを保証するものではございません。
お薬を飲まれている方、持病のある方、また妊娠されている方など気になる方は、医師にご相談の上お試しいただくようお願いします。
Pocket
LINEで送る

タイトルとURLをコピーしました