健康茶「プーアル茶」の効果・効能は?

アンチエイジング・骨粗鬆症
Pocket
LINEで送る

よく耳にする健康茶「プーアル茶」にはどんな効能
があるのでしょうか?
ここではプーアル茶の効能・効果について
調べてみました。

プーアル茶は、中国茶で緑茶を発酵し、長期間熟成
させて作られています。

プーアール茶

  プーアル茶の有効成分

・重合カテキン
・リパーゼ
・ポリフェノール
・ビタミンB群
・ミネラル
・アミノ酸

 

  プーアル茶の効能

■免疫力アップ
プーアル茶に含まれるカテキンには強力な殺菌作用があり
体内のに取り込まれたウイルスや菌を胎児してくれます。

■冷え性の改善効果
長く熟成発酵させたプーアル茶には体内から
体を温める効果があります。

■便秘対策
プーアル茶に含まれる重合カテキンが胃腸の働きを
助け活発にしすることで便秘が解消されます。

■ニキビ予防
プーアル茶のカテキンによる抗菌作用で、ニキビや
吹き出物などの肌トラブルを解消します。

■口臭対策
プーアール茶に含まれる重合カテキンには口臭
を予防する働きもあると言われています。

■風邪予防
プーアール茶に含まれる重合カテキンには殺菌効果
や体内環境を整える作用があり免疫力アップするので
風邪予防にも効果があります。

■美肌効果
プーアル茶に含まれるビタミンB2が健康的な
肌や髪を作ります。

■生活習慣病予防
プーアル茶に含まれる酵素リパーゼに脂肪分解作用
があり内臓脂肪を減少させるため生活習慣病予防にも
効果があると言われえています。

■ダイエット効果
プーアル茶に含まれる重合カテキン・没食子酸が
糖分と脂肪が吸収されるのを防ぐので中性脂肪が
たまりにくく、さらにもともとついていた中性脂肪も
燃焼させるという効果が期待できます。

■むくみを解消
プーアル茶に含まれるタンニンには血流を良くする
効果があり新陳代謝を促すことでむくみが解消されます。

■アンチエイジング
プーアル茶に豊富に含まれるカテキン・タンニンには
抗酸化作用がありシワやたるみなどを解消する
アンチエイジング効果が期待できます。

その他にもプーアル茶には
● 血流改善効果
● 血圧改善効果
● 中性脂肪抑制効果
● 血栓症予防
● 痴呆症予防
● 疲労回復
● 免疫力向上効果
● ストレス緩和
● 口内炎予防
● 二日酔い予防
● 動脈硬化予防
● 血糖値改善
● 貧血予防
● 腰痛軽減
● 肩こり改善
● 精神安定
● 不眠症改善
● 便秘解消
● 貧血防止
● 偏頭痛改善
● 食欲増進効果
● アレルギー症状緩和
● 血圧抑制効果
● 糖尿病予防
● 骨粗鬆症予防
● リパーゼ活性化
● 血行促進
● 肝機能向上
● 脂肪肝予防
● 免疫力向上
● 脂肪燃焼効果
● コレステロール除去
● デトックス効果
● 精神安定
● 記憶力向上
● 抜け毛防止
● 美肌効果
● 老化予防
● 虫歯予防
● 利尿作用

といった実に多岐にわたるさまざまな
効果があると言われています。

スポンサードリンク



  プーアール茶飲み方

プーアル茶の崩し方
熟成された固形茶は飲む分だけ崩して使いましょう。
崩すための専用の道具もありますが千枚通しでも代用
できます。
千枚通しを刺して剥がすように崩していきます。

プーアール

  プーア ール茶の飲み方

①茶葉にお湯をかけて湿らします。

②急須やポットなどに一つまみ(最初は薄めに入れて
飲みましょう)のプーアール茶をいれ飲む分だけのお湯を
注ぎます。

③マグカップなどに入れてのみましょう。
この時ポットにお湯が残らないようにしましょう。
(次飲むとき濃くなりすぎるため)
一度の茶葉で5回くらい入れては飲むことができます。

プーアール茶もいろいろなものが市販されていますので
いろいろ試してみてお好みのものを見つけましょう。

プーアール茶

 

ぽかぽかと体内からあたためてくれるプーアル茶。

プーアール茶には健康生活に欠かせないビタミン
ミネラル、アミノ酸などが効率よく含まれています。

プーアール茶にはたくさんの驚くべき効能・効果が
ありまさに万能茶と言えますね。
無理なくダイエットをしたい方、冷え性でお悩みの方
お酒を飲まれる方、またアンチウィルスに興味のある片
など是非、「プーアール茶」を試してみせんか?

 

 

こちらの記事もおすすめ

イチゴジャムの作り方と保存方法
イチゴにはビタミンCが豊富に含まれています。 イチゴに含まれるビタミンCの量は果物の中でもトップクラ スで1日7~8粒で1日に必要とされるビタミンCが摂取できる と言われています。 ビタミンCには美白効果や風邪などの予防に役立ちます。
ハーブティー「レモンバームティー」の効果・効能
レモンバーム(Lemon balm)は、南ヨーロッパ原産のシソ科の多年草です。メリッサとも呼ばれ日本ではセイヨウヤマハッカ(西洋山薄荷)と呼ばれています。レモンに似た香りでハーブとして利用されるほか料理の香り付けなどにも使われています。古く
ドライみかんの作り方ともどし方
みかんはビタミンCが豊富な果物で知られていますがこのビタ ミンCは水溶性のため熱を加えることで失われてしまいます。 そのためドライみかんを作る際は熱を加えない天日乾燥がおす すめです。みかんは乾燥することによってペクチンが増えます。
チョークベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
チョークベリー(Chokeberry)はアロニア(Aronia)とも 呼ばれます。 北アメリカ大陸東部原産のバラ科の落葉低木になる果実は 食用または観賞用として栽培されています。 生食もできますが、渋みが強く、ジャムやジュースなどの 加工されます。
わさび(山葵)の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
山葵(ワサビ)は日本原産のアブラナ科の植物です。 水のきれいな渓流や湿地で生育します。 根茎と葉が食用になり独特の辛みが特徴です。 加工した練り山葵はお寿司や刺身などの薬味として 広く利用されています。
おいしくて簡単「山葵(わさび)茎」のたまり漬けを作ってみよう!!
山葵は、日本原産のアブラナ科ワサビ属の植物です。 水のきれいな渓流などに生育し根茎や葉が食用となります。 独特の強い辛みが香辛料として好まれ、寿司や刺身などの 薬味として欠かせない植物です。

 

スポンサードリンク



Pocket
LINEで送る

タイトルとURLをコピーしました