春の七草で知られるナズナの健康茶「ナズナ茶」の効能・効果とは!

ダイエット・便秘解消
Pocket
LINEで送る

春の七草のひとつナズナを健康茶としていただく
ナズナ茶の効能・効果について調べて
みました。

ナズナはアブラナ科ナズナ属の越年草でぺんぺん草
という名前でも知られています。

ナズナ

  ナズナ茶の栄養成分

・サポニン
・ジオスミン
・コリン
・アセチルコリン
・ルチン
・フマル酸
・チラミン
・バニリン酸
・フラボノイド
・スウェルチシン
・ジオスミン
・カンファー
・葉緑素

 

  ナズナ茶の効能

■利尿作用
ナズナ茶に含まれるサポニン・カリウムには
利尿作用がありむくみなども改善されます。

■止血作用
ナズナ茶に含まれるコリン・フマール酸には
出血を抑える効果があり生理不順などの改善にも
呼応があります。

■血液浄化作用
ナズナ茶に含まれるサポニン・ジオスミンの
働きによって血管が強化され血液の浄化作用が
あると言われています。

■動脈硬化予防
ナズナ茶に含まれるサポニン・コリン・ジオスミン
には動脈硬化を改善する作用があり予防すると
言われています。

他にもナズナ茶には

● 便秘改善
● 健胃作用
● 皮膚病予防
● 高血圧予防
● 二日酔い軽減
● むくみ改善
● 解熱作用
● 目の充血改善
● 生理不順改善
● 胃潰瘍の予防
● 十二指腸潰瘍の予防
● 美容効果
● ダイエット効果
● 胃腸病改善
● 低血圧予防
● 解毒作用
● 糖尿病予防

など多くの効果が期待できる効果として
上げられています。

 

スポンサードリンク



 ※ナズナ茶の注意点・副作用

このように様々な効能を持つナズナ茶ですが
ナズナ茶には子宮収斂作用がありますので
妊娠中の方は飲用を止めておきましょう。

ナズナ

  ナズナ茶の作り方

ナズナは田んぼのあぜ道や野原などに自生し手に入りやすい
植物です。
果実が三味線の撥(ばち)に似ていることから三味線
をたたく音にかけて「ぺんぺん草」とも呼ばれています。

ナズナ茶にするのは地上に出ている部分全てが使われます。
手作りする場合は3月から6月の開花期に採取します。

①ごみなどをきれいに洗って日干しします。

②カラカラに乾燥したら手などで揉み細かくします。

③清潔な瓶などに保存しましょう。

ナズナ茶

  ナズナ茶の飲み方

煮沸かす場合

①やかんに茶葉ダ大さじ3~5と水1リットルを入れ火にかけます。

②沸騰したら火を弱め10分位煮詰めてから飲みます。

急須で入れる場合

①急須に茶葉大3~5さじ入れ熱湯を注ぎます。

②5分以上おいてよく抽出させてから飲みます。

 

  ナズナ粥
春の七草のなずなは七草粥の材料としてもよく知られています。
柔かくたいたなずなのお粥は弱った胃腸を元気にしてくれます。

ナズナ粥

 

味はさっぱりとして飲みやすいお茶です。

ナズナ茶にはビタミンCもたっぷり含まれて
おりお肌にもよくむくも解消や止血効果など
女性に優しい健康茶です。

効能・効果そして注意点をよく知ったうえで
健康のために上手に取り入れていきましょう。

 

 

こちらの記事もおすすめ

イチゴジャムの作り方と保存方法
イチゴにはビタミンCが豊富に含まれています。 イチゴに含まれるビタミンCの量は果物の中でもトップクラ スで1日7~8粒で1日に必要とされるビタミンCが摂取できる と言われています。 ビタミンCには美白効果や風邪などの予防に役立ちます。
ハーブティー「レモンバームティー」の効果・効能
レモンバーム(Lemon balm)は、南ヨーロッパ原産のシソ科の多年草です。メリッサとも呼ばれ日本ではセイヨウヤマハッカ(西洋山薄荷)と呼ばれています。レモンに似た香りでハーブとして利用されるほか料理の香り付けなどにも使われています。古く
ドライみかんの作り方ともどし方
みかんはビタミンCが豊富な果物で知られていますがこのビタ ミンCは水溶性のため熱を加えることで失われてしまいます。 そのためドライみかんを作る際は熱を加えない天日乾燥がおす すめです。みかんは乾燥することによってペクチンが増えます。
チョークベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
チョークベリー(Chokeberry)はアロニア(Aronia)とも 呼ばれます。 北アメリカ大陸東部原産のバラ科の落葉低木になる果実は 食用または観賞用として栽培されています。 生食もできますが、渋みが強く、ジャムやジュースなどの 加工されます。
わさび(山葵)の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
山葵(ワサビ)は日本原産のアブラナ科の植物です。 水のきれいな渓流や湿地で生育します。 根茎と葉が食用になり独特の辛みが特徴です。 加工した練り山葵はお寿司や刺身などの薬味として 広く利用されています。
おいしくて簡単「山葵(わさび)茎」のたまり漬けを作ってみよう!!
山葵は、日本原産のアブラナ科ワサビ属の植物です。 水のきれいな渓流などに生育し根茎や葉が食用となります。 独特の強い辛みが香辛料として好まれ、寿司や刺身などの 薬味として欠かせない植物です。

 

スポンサードリンク



Pocket
LINEで送る

タイトルとURLをコピーしました