健康茶「クチナシ茶」の効果・効能

Pocket
LINEで送る

クチナシ茶 に用いるクチナシはアカネ科の常緑低木です。
独特の香りがあり園芸用として栽培されるほか乾燥させた
果実は生薬としても利用されています。

  クチナシ茶の主な有効成分

・クロシン
・マンニット
・ガルデノシド
・ゲニポサイド
・クロチン
・フラボノイド
・脂肪油

 

  クチナシ茶の効果・効能

■不眠解消
クチナシ茶に含まれるゲ二ポサイド(イリドイド
配糖体)には鎮静作用があるためにより、不眠の
解消が期待できます。

■高血圧予防
クチナシ茶に含まれるゲニポサイドには血圧降下作用
があるため高血圧の防止・予防に役立ちます。

■肝炎改善
クチナシ茶に含まれるゲ二ポサイド・クロチンの胆汁の
分泌を調整する働きによって肝炎の改善に効果があると
言われています。

■アンチエイジング
クチナシ茶に含まれるフラボノイドには抗酸化作用があり
老化を予防する働きもあります。

他にもクチナシ茶には

● 解熱作用
● 消炎作用
● 利尿作用
● むくみ改善
● 血尿改善
● 高血圧予防
● 黄疸改善
● 鼻血改善
● 高血圧改善
● 止血作用
● 鎮痛作用
● 胆汁分泌促進
● 整腸作用
● のどの痛み軽減

などの効能があると言われています。

 

スポンサードリンク



  クチナシ茶の作り方

①秋(10月頃)熟した実を収穫します。

②きれいに洗って日干しにします。

③乾燥したら清潔な瓶などに保存します。

 

  クチナシ茶の淹れ方

煮出す場合

①やかんにクチナシの茶と水600mlを入れ火にかけます。

②沸いたら火を弱め5分~7分ほど煮詰めてから飲みます。

急須で淹れる場合

①急須にクチナシの茶葉をいれ熱湯を注ぎます。

②5分ほど蒸らしてから飲みます。

 

クチナシはベルベットのような花びらと芳香が特徴です。
秋につける赤い実は漢方でも古くから利用されています。

クチナシ茶はまろやかでやや苦みのある味です。
血圧が高めの方、リラックスしたい方、神経が高ぶって
寝付けない方などにおすすめの健康茶です。

 

ハーブティーの効果・効能

 

スポンサードリンク



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Pocket
LINEで送る