健康茶「クミスクチン茶」の効果・効能

野草茶
Pocket
LINEで送る

四季のある日本には季節ごとにさまざまな植物が生育しています。
その中には、古くから健康茶や野草茶として愛飲されているものも数多く存在します。
このサイトでは、そんな健康茶や野草茶として知られる、野菜や植物の効能や成分、淹れ方などを紹介しています。

 

クミスチンとは

クミスクチン茶に利用するクミスクチンとは中国南部、インド、東南アジアに分布するシソ科の低木多年草です。
日本でも花屋やの店頭でもよく見かけおしべの形がピンと伸びた猫の髭ににていることから、「ネコノヒゲ」とも呼ばれています。

 

クミスクチン茶の主な有効成分

・カリウム
・オルソシフオニン
・ロスマリン酸

 

クミスクチン茶の効果・効能

■美肌効果
クミスクチン茶に含まれるロズマリン酸には脂肪吸収抑制作用があり美肌効果が期待できるとされています。

■高血圧予防
クミスクチン茶に含まれるカリウムやオルソシフオ二ンには利尿作用があり体内の余分な老廃物や塩分を排出するため血圧を下げる作用があります。

■アンチエイジング効果
クミスクチン茶に含まれるロズマリン酸はポリフェノールの一種で老化防止の効果もあると言われています。

■尿道結石予防
クミスクチン茶にはカリウムが豊富に含まれているため高い利尿作用があり、尿道の結石も予防するといわれています。

■花粉症対策
クミスクチン茶に含まれるポリフェノールの一種ロズマリン酸アレルギーを軽減する効果もあると言われています。

 

他にもクミスクチン茶には

● 腎臓炎改善
● 糖尿病予防
● 美肌効果
● 関節炎改善
● 神経痛改善
● 口臭予防
● ダイエット効果
● 腎臓炎改善
● 膀胱炎予防
● 細胞の滑性化
● むくみ改善
● リウマチ改善
● 脂肪吸収抑制作用

などの効能があると言われています。

 

スポンサードリンク



 

クミスクチン茶の注意点

このようにクミスチン茶にはさまざまな効能が期待できるとされていますがカリウムを多く含むため高カリウム血症が起きる恐れのある方は摂取を控えましょう。

 

クミスクチン茶の淹れ方

 

煮沸かす場合

①やかんにクミスクチン茶の茶葉を大匙1と水500mlをいれ火にかけます。

②沸騰したら火を弱め7~10分煮詰めます。

急須で入れる場合

①急須にクミスクチン茶の茶葉を大匙1を入れ熱湯を注ぎます。

②5分ほど蒸らしてからいただきます。

 

クミスチン茶のおすすめポイント

クミスクチン茶はカリウムを豊富に含むためヨーロッパでは古くから利尿剤として利用されてきており「ウコン」や「グァバ」とともに三大薬草茶と呼ばれています。

独特の香りとやや苦みがありますがカフェインも含まず飲みやすいお茶です。
気になる方は緑茶などとブレンドするのもおすすめです。
健康的にダイエットをしたい方、むくみが気になる方口臭予防をされたい方などにおすすめの健康茶です。

 

 

 

こちらの記事もおすすめ

イチゴジャムの作り方と保存方法
イチゴにはビタミンCが豊富に含まれています。 イチゴに含まれるビタミンCの量は果物の中でもトップクラ スで1日7~8粒で1日に必要とされるビタミンCが摂取できる と言われています。 ビタミンCには美白効果や風邪などの予防に役立ちます。
ハーブ「レモングラス」の淹れ方や、効能、育て方
レモングラスとはレモングラスは南インド、スリランカに自生するイネ科の多年草です。細長いススキや、かやのような葉をつけ、シトラールが含まれているため指で少しこすってみるとレモンのような香りがします。その香りからハーブティーやトムヤムクンやカレ
ドライみかんの作り方ともどし方
みかんはビタミンCが豊富な果物で知られていますがこのビタ ミンCは水溶性のため熱を加えることで失われてしまいます。 そのためドライみかんを作る際は熱を加えない天日乾燥がおす すめです。みかんは乾燥することによってペクチンが増えます。
チョークベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
チョークベリー(Chokeberry)はアロニア(Aronia)とも 呼ばれます。 北アメリカ大陸東部原産のバラ科の落葉低木になる果実は 食用または観賞用として栽培されています。 生食もできますが、渋みが強く、ジャムやジュースなどの 加工されます。
わさび(山葵)の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
山葵(ワサビ)は日本原産のアブラナ科の植物です。 水のきれいな渓流や湿地で生育します。 根茎と葉が食用になり独特の辛みが特徴です。 加工した練り山葵はお寿司や刺身などの薬味として 広く利用されています。
おいしくて簡単「山葵(わさび)茎」のたまり漬けを作ってみよう!!
山葵は、日本原産のアブラナ科ワサビ属の植物です。 水のきれいな渓流などに生育し根茎や葉が食用となります。 独特の強い辛みが香辛料として好まれ、寿司や刺身などの 薬味として欠かせない植物です。

 

スポンサードリンク



 

注意
このサイトで紹介しているお茶の効能につきましては一般的に伝えられている情報などをもとにしており、すべての方に効果があることを保証するものではございません。
お薬を飲まれている方、持病のある方、また妊娠されている方はお医者さんにご相談の上お試しいただくようお願いします。

Pocket
LINEで送る

タイトルとURLをコピーしました