健康茶「ハハコグサ茶」の効果・効能

健康
Pocket
LINEで送る

ハハコグサ茶 に利用するハハコグサは日本全国に道端や
水田などで見られるキク科の越年草です。
春の七草のひとつで日本人にとってなじみの深い植物です。
4~6月にかけて、黄色い花を咲かせます。

  ハハコグサ茶の主な有効成分

・ルテオリン
・モノグルコサイド
・アピゲニン
・クエルセチン
・メチルフラボン
・硝酸カリ
・フィトステロール
・モノグリコシド
・フラボノイド

 

  ハハコグサ茶の効果・効能

ハハコグサ茶には

● 鎮咳作用
● 去痰作用
● 利尿作用
● 喉の炎症軽減
● むくみ軽減

などの効能があると言われています。

 

スポンサードリンク



  ハハコグサ茶の副作用・注意点

ハハコグサ茶には期待できる効能がありますがキク科の
植物なためキク科の植物にアレルギーのある方は摂取を
さけましょう。

  ハハコグサ茶の作り方

①春の開花期(4月~6月)に全草を採取します。

②埃をとり綺麗に洗った後日干しにします。

③乾いたら細かく刻み保存します。

   ハハコグサ茶淹れ方

煮出す場合

①やかんにひとつまみのハハコグサ茶葉と水500mlをいれ
火にかけます。

②沸騰したら火を弱め5分くらい煮出します。

急須で入れる場合

①急須に一つまみのハハコグサ茶葉を入れ熱湯を注ぎます。

②5分くらい蒸らし抽出させてからいただきます。

 

  ハハコグサの粥の作り方

 

①ハハコグサの花が咲く前の若茎と葉を採取します。

②きれいに洗って軽く塩ゆでします。

③土鍋にご飯1膳分とごはんの倍量のお水を入れ火にかけます。

④沸いたら火を弱めゆでた野菜をまぜあわせます。

⑤塩で味をととのえ好みの柔かさになったらできあがりです。

 

ハハコグサは春の七草としてなじみの深い植物です。
ハハコグサ茶はやや渋みがあります。

咳を静めたいときやのどの痛みを静めたいときなどに
おすすめの健康茶です。

 


 

こちらの記事もおすすめ

イチゴジャムの作り方と保存方法
イチゴにはビタミンCが豊富に含まれています。イチゴに含まれるビタミンCの量は果物の中でもトップクラスで1日7~8粒で1日に必要とされるビタミンCが摂取できると言われています。ビタミンCには美白効果や風邪などの予防に役立ちます。
ハーブティー「レモンバームティー」の効果・効能
レモンバーム(Lemon balm)は、南ヨーロッパ原産のシソ科の多年草です。メリッサとも呼ばれ日本ではセイヨウヤマハッカ(西洋山薄荷)と呼ばれています。レモンに似た香りでハーブとして利用されるほか料理の香り付けなどにも使われています。古く
ドライみかんの作り方ともどし方
みかんはビタミンCが豊富な果物で知られていますがこのビタミンCは水溶性のため熱を加えることで失われてしまいます。そのためドライみかんを作る際は熱を加えない天日乾燥がおすすめです。
チョークベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
チョークベリーに含まれるポリフェノールの成分であるアントシアニンには老化を防止するアンチエイジング効果が期待されます。またチョークベリーに含まれる抗酸化作用はベリー類の中でも最強と言われています。
わさび(山葵)の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
わさび(山葵)のツーンとくる辛み成分はイソチオシアネートによるもので抗菌作用や覚醒作用があります。またビタミンCも豊富に含まれており、美肌効果や風邪予防などの効果も期待されます。
おいしくて簡単「山葵(わさび)茎」のたまり漬けを作ってみよう!!
わさび(山葵)のツーンとくる辛み成分はイソチオシアネートによるもので抗菌作用や覚醒作用があります。またビタミンCも豊富に含まれており、美肌効果や風邪予防などの効果も期待されます。

 

スポンサードリンク



Pocket
LINEで送る

タイトルとURLをコピーしました