健康茶「ハコベ(繁縷)茶」の効果・効能

健康
Pocket
LINEで送る

ハコベ茶 にするハコベ(繁縷)とは野原や山地に自生する
ナデシコ科の越年草です。
茎が株状になり密集することが多く見かける植物で
歯周病予防など歯の健康を助ける作用があることで
知られています。

 

  ハコベ茶の主な有効成分

・クマリン
・ビタミン
・ミネラル
・タンパク質
・フラボノイド
・カロチノイド
・鉄
・カルシウム
・葉緑素
・サポニン
・セチルセロテート
・ヘントリアコンタノール

  ハコベ茶の効果・効能

■歯周病の改善
ハコベ茶に含まれる葉緑素の抗菌・殺菌作用により
歯槽膿漏などの歯周病の予防を助けます。

■高血圧予防
ハコベ茶に含まれるサポニン・葉緑素にはコレステロール
を抑制する作用があるため高血圧予防にも効果が期待
できます。

■健胃・健腸効療
ハコベ茶に含まれる葉緑素には胃や腸の粘膜を保護し
修復する作用もあると言われています。

■ダイエット効果
ハコベ茶に含まれるサポニンには中性脂肪を抑制する
働きがあるためダイエットに有効であると言えます。

他にもハコベ茶には

● 催乳効果
● 歯槽膿漏予防
● リウマチ緩和
● 気管支炎緩和
● 動機改善
● 息切れ改善
● 抗菌作用
● 解毒作用
● 収れん作用
● 鎮静作用
● 鎮痛作用
● 虚弱体質改善
● 歯ぐきの止血予防

などの効能があると言われています。

 

スポンサードリンク



  ハコベ茶の作り方

①春から夏にかけて全草を採取します。

②埃などをとり洗って日干し乾燥させます。

③乾燥したら細かく刻み清潔な瓶などに保存します。

  ハコベ茶の淹れ方

①急須にハコベ茶葉を5gから10g入れ熱湯を注ぎます。

②5分程蒸らして抽出させてからいただきます。

 

ハコベは、春の七草のひとつに数えられている、日本各地の
いたるところで見られるナデシコ科の越年草です。ハコベは
、民間療法で〝ハコベ塩″ (ハコベの葉をしぼった汁に、
塩を加え煎ったもの)を歯茎に塗ると歯槽膿漏の予防にな
るといわれています。

ハコベ(繁縷)とはナデシコ科の越年草で
ハコベラともいい春の七草のひとつで日本人にとって
なじみの深い植物です。

ハコベ茶はやや甘みがありのみやすいお茶です。
胃腸を健康に保ちたい方、歯周病が気になる方、肥満を解消
したい方、虚弱体質の方などにおすすめの健康茶です。

 

 

こちらの記事もおすすめ

自家製 生姜酒の作り方と保存方法
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。これらの果物を果樹酒にすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。素材だけで手作りしたジャムは安心していただくことができます。コツをつかめば簡単にさまざまな果物
ハーブティー「ゴツコーラティー」の効果・効能
ゴツコーラ(gotu kola)はインドを原産とするセリ科セリ科の多年草で和名ではツボクサと呼ばれています。日本でも関東地方より西側に分布し道端や野原で普通に見かけることができます。夏に赤みがかった紫色の花をつけ、ティーには茎の部分を利用し
干しシイタケの作り方ともどし方
椎茸の成分エルゴステロールは日光に当たることによってビタミンDに変わるため干すことでビタミンDの含有量が増えます。ビタミンDは骨を丈夫にしたり、骨粗鬆症予防などにも役立ちます。
ハックルベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
ルッコラの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ルッコラにはβ―カロテンやビタミンEが豊富に含まれておりアンチエイジング効果や生活習慣病予防などに効果があるとされています。また免疫効果を高める働きのあるビタミンCも豊富に含まれ風邪予防やや疲労回復効果が期待されます。
おいしくて簡単「数の子」のワサビ漬けを作ってみよう!!
数の子にはDHAやEPAが豊富に含まれています。DHAやEPAは体内で作ることができません。DHAやEPAには抗アレルギー作用や血圧を下げる働きがあり、生活習慣病の予防などの効果がも期待されます。また肥満の予防にも役立ちます。

 

スポンサードリンク



Pocket
LINEで送る

タイトルとURLをコピーしました