健康茶「あずき茶」の効能と効果

健康
Pocket
LINEで送る

ポリフェノールがいっぱいの女性に嬉しい健康茶
あずき茶の効能・効果について
調べてみました。

あずきはササゲ属の一年草でお餅のあんやぜんざい、赤飯や
羊羹、あんぱんなどの欠かせない材料として古くから知られ
ており日本人にはとてもなじみの深いものです。

あずきこのあずきを煎って煮だして飲むものです。

あずき

  あずき茶の成分

タンパク質
ビタミンB群
ポリフェノール
カリウム
アントシアニン
ミネラル

 

  あずき茶の効能

■アンチエイジング
あずき茶に含まれる豊富なポリフェノールには体にたまった
有害物質活性酸素を除去する働きがあるためアンチエイジング
の効果が期待できます。

■むくみ解消
あずき茶に含まれるカリウムには体の中老廃物を
排出し水分のバランスを整える働きがあるため
むくみを予防してくれます。

■生活習慣病の予防
あずきに含まれる豊富なポリフェノールの活性酸素を
取り除いてくれる働きによって血液をサラサラに保ち
血行をよくし生活習慣病を予防する効果があると言
われています。

■ダイエット
あずきに含まれる植物繊維が便秘を解消するばかりでなく
皮の部分に含まれるサポニンにはブドウ糖から脂肪に
代わる作用を抑制する働きがあるため
ダイエット効果も期待できると言われています。

 

スポンサードリンク



  あずき茶の作り方

材料

あずき  100g
水    1リットル

作り方

①あずきをざるなど入れて綺麗に洗う

②そのまま一晩水につけてふやかします
(苦みをとるため)

③水けをきれいに切ってフライパンで焦がさないよう
弱火でじっくり煎ります

④やかんに煎ったあずき大さじと水1リットルを入れ
沸かします。

⑤沸騰したら火を弱めて20分くらい煮だしてできあがり

あずき茶

 

あずき茶はノンカフェインで妊婦さんも安心して
飲むことができますし豊富なビタミン類を含み
母乳の出もよくなると言われています。
ほんのり甘くてほっとするような優しい飲みやすい味です。

妊婦さんだけでなくむくみが気になる方や無理なダイエット
よりも痩せる体質になりたい方などにおすすめのじょせいに
やさしい健康茶です。

※あずきにアレルギーのある方は
使用しないようにしましょう。

 

 

こちらの記事もおすすめ

イチゴジャムの作り方と保存方法
イチゴにはビタミンCが豊富に含まれています。イチゴに含まれるビタミンCの量は果物の中でもトップクラスで1日7~8粒で1日に必要とされるビタミンCが摂取できると言われています。ビタミンCには美白効果や風邪などの予防に役立ちます。
ハーブティー「レモンバームティー」の効果・効能
レモンバーム(Lemon balm)は、南ヨーロッパ原産のシソ科の多年草です。メリッサとも呼ばれ日本ではセイヨウヤマハッカ(西洋山薄荷)と呼ばれています。レモンに似た香りでハーブとして利用されるほか料理の香り付けなどにも使われています。古く
ドライみかんの作り方ともどし方
みかんはビタミンCが豊富な果物で知られていますがこのビタミンCは水溶性のため熱を加えることで失われてしまいます。そのためドライみかんを作る際は熱を加えない天日乾燥がおすすめです。
チョークベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
チョークベリーに含まれるポリフェノールの成分であるアントシアニンには老化を防止するアンチエイジング効果が期待されます。またチョークベリーに含まれる抗酸化作用はベリー類の中でも最強と言われています。
わさび(山葵)の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
わさび(山葵)のツーンとくる辛み成分はイソチオシアネートによるもので抗菌作用や覚醒作用があります。またビタミンCも豊富に含まれており、美肌効果や風邪予防などの効果も期待されます。
https://hoshi-yasai.com/pickles/wasabikuki-syouyuduke

 

スポンサードリンク



Pocket
LINEで送る

タイトルとURLをコピーしました