花粉症にはれんこんが効く!70%の人に効果!

健康
Pocket
LINEで送る

目が痒い鼻水やくしゃみが止まらない
花粉症の症状は長い人で2月から5月の連休あたり
まで続き実に1年のうちの約4/1もの
期間がもっとも辛い時期になります。

%e8%8a%b1%e7%b2%89%e7%97%87%ef%bc%92

この時期をなんとか快適に過ごしたい
花粉症から解放されたいと
多くの人が願っているのではないでしょうか?

飛散数予測

花粉の飛散量は前年の夏の気候が
影響します。

一般的に
●気温が高い
●日照時間が多い
●雨が少ない少ない
これらの条件が重なると花芽が多くつき
次の春の飛散数が多くなるといわれています。

花粉症(かふんしょう)のおこる原因

植物の花粉が、鼻や目などの粘膜に
接触することによってアレルギー反応を
起こしてしまいます。

花粉症の症状

●発作性反復性のくしゃみ
●鼻水(水のようにサラサラしている)
●鼻詰まり
●目のかゆみ、充血
●乾いた咳が出る
●顔が荒れる
●ぼーとして熱っぽい
●倦怠感があり集中力がなくなる

%e8%8a%b1%e7%b2%89%e7%97%87%ef%bc%91

花粉症の予防法

●マスクをして花粉の侵入をシャットダウンする。
●目を冷やす
目のかゆみが強いときは、清潔なタオルで冷たい
おしぼりをつくり、まぶたの上に置くと楽になります。
●生活習慣を改善する
疲労をためることによっては自律神経が過敏になり
アレルギー反応が起こりやすくなります。
睡眠を十分にとり、ストレスを溜めないようにしましょう。
●お酒、タバコを控える
お酒やタバコは鼻の粘膜を刺激するので症状を
悪化させる原因となります。
●栄養バランスの良い食事
バランスよく食事をとることによって
アレルギーに負けない体をつくります。
●市販の薬を上手に利用する。
薬剤師に相談した上で自分に合ったものを選びましょう。

スポンサードリンク



日本人が花粉症に悩まされるようになって長く
これまで、さまざまなものが花粉症に効果があると
されており
鼻を焼く、甜茶、凍頂烏龍茶、べにふうきなど
民間療法などもいろいろと
試されてきました。
また最近では舌下免疫療法というものが話題に
なっています。
自分ににあった治療法をみつけるために
場合によっては耳鼻咽喉科で診察をうけることが
よいと思いますが

ここでは
民間療法のなかでも今もっとも注目されている
れんこんについて触れていきたいと思います。

%e8%8a%b1%e7%b2%89%e7%97%87%ef%bc%93

●れんこん
れんこんは古くから、抗炎症作用があり、
カラダに良いとされてきた食です。

れんこんには、アレルギーの原因物質のアレルゲン
を抑制する働きがあるタンニン
などのポリフェノールが多く含まれています。

実験の結果このれんこんにアレルギー軽減に
効果があることが、
最近の研究でこのれんこんにアレルギー反応を
抑える効果があるという研究発表が報告されました。
アレルギー反応を増幅させる
リンパ球の発生を抑え免疫力をアップさせ
症状をでにくくするという効果があるようです。
実際には、レンコンを食べて花粉症が改善されたという
人が70%以上と報告があると言われています。

また日頃かられんこんをよく消費するれんこん産地の
人には花粉症になる人が少ないと言われています。。

2週間ほどで効果が出始めるということですが
アレルギー体質改善のためにもめにも
花粉症時期前からのみはじめて
期間中ずっと飲み続けることをおすすめします。

またれんこんだけでも効果はありますが、
ヨーグルトなどの乳酸菌も合わせて摂取すると
腸内環境を整えることによってアレルギー反応
が出るのをおさえが効果アップが期待できます。

%e8%8a%b1%e7%b2%89%e7%97%87%ef%bc%94

摂取のめやす
1日40g
輪切りだと2~3枚

レンコンが手に入らない、面倒だという人は
面倒な人はれんこんの粉末やサプリも活用
粉末状のものも市販されていますので
それを服用するまたは料理にいれるなどして
利用するのもいいでしょう。

春の花粉症シーズンまでに、れんこんで体質改善して、
ムズムズを撃退できればと思います。
また、肌荒れや冷え性、
更年期障害などの症状にも効果があるようなので
、女性には嬉しい食材と言えそうですね。
花粉症によいと言われる方法をいろいろ試してみたけれど
なかなか改善されない薬がのめない
副作用が怖いので安全に治したい
そんな方におすすめします。

 

 

こちらの記事もおすすめ

429 Too Many Requests
https://harbe-tea.com/gotu-kola
干しシイタケの作り方ともどし方
椎茸の成分エルゴステロールは日光に当たることによってビタミンDに変わるため干すことでビタミンDの含有量が増えます。ビタミンDは骨を丈夫にしたり、骨粗鬆症予防などにも役立ちます。
ハックルベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
ルッコラの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ルッコラにはβ―カロテンやビタミンEが豊富に含まれておりアンチエイジング効果や生活習慣病予防などに効果があるとされています。また免疫効果を高める働きのあるビタミンCも豊富に含まれ風邪予防やや疲労回復効果が期待されます。
https://hoshi-yasai.com/pickles/kazunoko-wasabidzuke

 

スポンサードリンク



Pocket
LINEで送る

タイトルとURLをコピーしました