ハーブ「ハイビスカス」の淹れ方や、効能、育て方

ドライハーブ
Pocket

ハイビスカスとは

ハイビスカスはアオイ科フヨウ属の植物でハイビスカス茶にはローゼルのガクの部分を乾燥させたものを用います。
ローゼルは、酸味がありますが」生食もできティーのほかジャムや果実酒、ゼリーなどにも利用されます。

 

ハイビスカスの主な有効成分

・カリウム
・ローゼル
・ビタミンC
・クエン酸
・リンゴ酸
・カリウム
・アントシアニン
・ポリフェノール
・アミノ酸

 

ハイビスカスティーのおすすめポイント

ハイビスカスのローゼルのガクを乾燥させた健康茶は遠い昔クレオパトラも好んで飲んでいたハーブティーとしても知られています。
ポリフェノールやアントシアニンが含まれており、活性酸素を除去し、アレルギーやアンチエイジング対策に作用が期待されるほかクエン酸が含まれているので疲労回復を助けるのに役立つと考えられます。

お茶にすると透き通ったきれいな赤色になり独特の酸味があるのが特徴です。
ハイビスカス茶は美肌を保ちたい方、便秘が気になる方、無理なくダイエットがしたい方、疲労を回復させたい方などにおすすめの健康茶です

 

スポンサードリンク



 

ハイビスカスティー茶葉の作り方

①ハイビスカスの実の中からガクを取り出します。

②ガクをきれいに水洗いしてからザルなどに並べて天日乾燥させます。

③清潔な瓶などに乾燥剤と一緒に入れて保存します。

ハイビスカスティーの淹れ方

お茶にすると透き通ったきれいな赤色になり独特の酸味があるのが特徴です。

①ポットに乾燥させたローゼルのガク適宜を入れ熱湯をそそぎます。

②5分ほど蒸らしてからいただきます。

 

ハイビスカスの育て方


栽培環境
日照時間が開花に影響されますので、日当たりがよ居場所に植えます。

水やり
地植えの場合は降雨だけで大丈夫ですが乾燥が続くときは夕方に水を与えます。
鉢植えの場合は表面の土が乾いたらたっぷり与えます。

肥料
地植えの場合は植える前に腐葉土や肥料をまぜあわせておきます。
植えた後は成長期に緩効性肥料を追肥します。
鉢植えの場合は成長期に緩効性肥料を与えます。

種まき
種から育てる場合は春に撒きます。

 

 

こちらの記事もおすすめ

りゅうきゅうの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
りゅうきゅうはサトイモ科の常緑性多年草で正式にはハスイモ と呼ばれています。 イモではなく高く伸びた茎が食用になります。 野菜としてはあまりなじみがありませんが高知県や徳島県で は普通にあえ物や煮物、みそ汁などに調理され食べられています。
食用ほおずきの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ホオズキは、ナス科ホオズキ属の一年草になる果実です。 ホオズキには毒性があり一般的なホオヅキは食用にはできず 観賞用に育てられます。 食用になるのは、ショクヨウほおずきです。
おいしくて簡単「ラディッシュ」のピクルスを漬けてみよう!!
ラディッシュは、ヨーロッパを原産とするアブラナ科 大根族の野菜です。 小さく球形に肥大したもの、葉、茎を食用とします。 生食されることがほとんどでサラダや、酢の物などに 調理されます。
ドライオレガノの作り方ともどし方
オレガノは(oregano)はヨーロッパの地中海を原産とするシ ソ科の多年草で独特の芳香があり香辛料として使わています。 栄養価も高くオレガノのハーブティーには消化促進効果もあ ると言われています。
柚子(ユズ)ジャムの作り方と保存方法
柚子は中国を原産とするミカン属の常緑小高木になる果実 です。 日本では高知県の柚子が有名で全国に出荷されています。 独特の芳香が好まれ料理に使われるほか、体を温める作用が あるとして冬至には湯船に浮かべる習慣が広く伝えられてい ます。
健康茶「大根の葉茶」の効果・効能
大根の葉茶に使用される「大根」はアブラナ科の植物で煮物おでん、なます、漬物、薬味などさまざまな料理に利用され和の食卓には欠かせない食材です。 しかし葉の方は捨ててしまうことも多いのではないでしょうか。 大根の葉にはビタミンCやカルシウム、ミネラルなどの栄養成分が豊富に含まれています。 大根を購入するときは是非葉のついた...

 

スポンサードリンク



 

注意
ハーブティーは医薬品ではなく食品です。
合う、合わないは人によってさまざまですし、効能がすべての人に保証されるわけではございません。
お薬を飲まれている方、持病のある方、妊娠されている方など、気になる方はかかりつけの医師に、ご相談の上お試しください。
タイトルとURLをコピーしました