ハーブ「ハマナス」の淹れ方や、効能、育て方

ドライハーブ
Pocket

ハマナスとは

ハマナス茶に利用するハマナスはバラ科の落葉低木で夏に鮮やかな赤の花を咲かせます。
ハマナスの実(ローズヒップ)には、ビタミンCが豊富なことから美容に効く健康茶としても知られています。

 

ハマナス茶の主な有効成分

・グラニオール
・シトロネロール
・ビタミン
・ネロール
・酢酸シトロネロール
・ビタミンC
・ビタミンA
・ビタミンE
・ビタミンK
・ビタミンB2
・βカロテン
・リンゴ酸
・タンニン
・ポリフェノール
・ミネラル

 

ハマナスティーのおすすめポイント

ハマナスは蕾は瑰花(マイカイカ)という生薬で血の巡りをよくする漢方薬としても利用されています。

ハマナスにはホルモンのバランスを整えてくれるゲラニオールや、抗酸化作用のあるタンニン、ビタミンC、食物繊維などが含まれています。
ハマナス茶はビタミン類が豊富で飲みやすく、女性特有の諸症状に優しい健康茶です。
リラックスしたい方、美肌が気になる方、生理不順や更年期障害の症状緩和したいかた、貧血や、冷え性を改善したい方などにおすすめのお茶です。

 

スポンサードリンク



 

ハマナス茶の作り方

①開花期(6月~8月頃)に実を採取します。

②洗ってペーパーなどでふき取ります。

③包丁で切り目を入れて中の種を取り除きます。

④陰干しにして乾燥させます。

⑤カラカラに乾燥したら清潔な瓶などに入れて保存します。

 

ハマナス茶の淹れ方

①ティーポットなどにハマナスの乾燥した茶葉を入れ熱湯を注ぎます。

②2~3分蒸らしてからいただきます。

 

ハマナスの育て方


栽培環境
日当たりがよく、水はけのよい場所を好みます。
冬に強いですが、夏はやや弱いので風通しの良い場所に植えましょう。

水やり
地植えは降雨だけで必要ありません。
鉢植えは表面が乾いたらたっぷり与えましょう。

肥料
冬と夏に緩効性化成肥料を与えます。

種まき
種から育てる場合は春に植えます。

 

 


こちらの記事もおすすめ

生姜の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ショウガは熱帯アジア原産のショウガ科ショウガ属の多年草 で地下茎にできた球根が食材にされます。 日本では高知県のショウガが有名で、全国に集荷されています。 独特の香りと辛みがあり、薬味や香辛料として使われるほか 生薬としても利用されています。
グミ(茱萸)の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
グミは、グミ科グミ属の植物で、果実が食用になります。 山野に自生し 赤く熟した実は渋みと甘みと酸味があり、生食できます。
おいしくて簡単「ミョウガの糠漬け」を漬けてみよう!!
ミョウガは、東アジが原産のショウガ科ショウガ属の多年草 で花穂、若芽の茎が食用とされます。 食べすぎると物忘れがひどくなるという言い伝えがありますが 学術的には根拠がないといわれています。 独特の芳香があり、ひややっこのトッピングやあえ物などに 利用されます。
干し芋の作り方ともどし方
干し芋は古くから日本に伝わる芋の保存方法で噛めば噛むほ ど味が出る栄養たっぷりのおやつとして親しまれてきました。 干し芋にはビタミンB1やカリウムが豊富に含まれ便秘解消や アンチエイジング、むくみ予防などさまざまな効能も期待さ れています。
イタドリジャムの作り方と保存方法
イタドリ(虎杖)は、タデ科の多年生植物で地域によって スカンポやスイバなどと呼ばれています。 高知県では新芽を摘み取り山菜として煮物や炒め物として 食べられています。
健康茶「松葉茶」の効能・効果
日本全国に生息するアカマツ、クロマツの若葉を茶葉にしたものが松葉茶です。 東アジアでは、不老長寿の妙薬ともいおわれています。

 

スポンサードリンク



タイトルとURLをコピーしました