古くから愛用されてきた「梅干し」にこんな効能もあった

健康
Pocket
LINEで送る

昔から万能の民間薬として伝えられてきた日本の代表的な
健康食品梅干しには様々な効能があると言われていますが
あらためてその効能を調べてみたいと思います。

木になる梅

  梅干しの効能

■インフルエンザ予防
梅からインフルエンザウイルスの増殖を抑制する
新規機能性化合物

■食中毒予防
梅干しを食べると食あたりを予防できるということは
みんな聞いたことがあるでしょう。
梅干しにはが食中毒菌の増殖を抑える制菌作用がある
と言われています。

■疲労を回復させる
梅干しの中に含まれるクエン酸には疲れの原因となる
乳酸を抑えることによって代謝を活発にしてくれます。
疲れやすい方は是非取り入れてみましょう。

梅干しと白ごはん

■食欲を増進させる
梅干しに含まれる酸味が消化酵素の分泌を促してくれる
ことによって食欲を増進させるだけでなく胃腸の調子も
整えてくれます。

■虫歯予防
梅干に含まれるクエン酸が虫歯の要因となるミュータンス
の活動を抑え虫歯を予防してくれると言われています。

■ダイエット効果
梅干しの中に含まれるバニリンという成分には脂肪燃焼
効果がありクエン酸によってエネルギーを無理なく変換
志望がたまるのを防ぐことができます。

■鎮痛作用
歯が痛むとき梅干しを塗るとおさまると聞いたことが
ありますが梅干しの香り成分のベンズアルデヒド
痛みを鎮静・軽減する効果があると言われています。

その他にも
カルシウムの吸収促進
免疫力アップ
抗酸化活性作用
糖尿病予防
動脈硬化の抑制
高血圧化の抑制
などさまざまな効果が期待されています。

 

スポンサードリンク



 

  梅干しをつけてみよう

市販の梅干しもいいですが自分でつけた無添加物の
梅干しは意外と簡単で最高です。
是非チャレンジしてみましょう。

梅干しのつけ方
材料
梅2キロ
粗塩350~400g
ホワイトリカー適宜

①梅のへたをつまようじなどで取り除く
②洗って乾燥させる
③に霧吹きでホワイトリカーを吹き付ける(消毒のため)
③瓶に梅と塩を交互に入れんながらつけていく。
④冷暗所に保存
⑤水が上がってきたら好みで赤しそを加える。

(赤しそは塩で泡が出なくなるまでもみ洗い固く絞って
梅のようにかぶせるように乗せる)

※これを土曜の晴天の日にざるに並べて3日間ほど
干すのですがわが家は干さずに使っています。

◆梅酒を作ってみよう
梅干し作りよりもさらにとっても簡単
誰でも梅とホワイトリカーでお手軽にできます
琥珀色になった手作りの梅酒は最高に美味です。

材料
青梅 1キロ
氷砂糖 1キロ
ホワイトリカー 1.8L

①ヘタを除いた梅を洗って乾燥させる
②瓶に梅と氷砂糖とホワイトリカーを入れ冷暗所で保存

暑い時期にには食欲を増進させお弁当にいれるといたみを
予防してくれる梅干し
中国から1500年ほど前に日本にわたってきたといわれる
梅干しはその小さな粒に驚くべき効能をもっっているのですね
是非毎日の食卓に取り入れていきたいものです。

 

 

こちらの記事もおすすめ

自家製 オレンジ酒の作り方と保存方法
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。これらの果物を果樹酒にすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。素材だけで手作りしたジャムは安心していただくことができます。コツをつかめば簡単にさまざまな果物
ハーブティー「赤ブドウの葉ティー」の効果・効能
赤ぶどう(red grapes)は、ヨーロッパ、地中海などを原産とするブドウ科 ブドウ属のつる性落葉低木で英名 CommonGrape(コモン・グレープ)と呼ばれています。成分のアントシアニンには強い抗酸化があり目の健康やアンチエイジングに
切り干し大根の作り方ともどし方
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。野菜や果物には乾燥することによ
ハックルベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
ブロッコリースプラウトの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の野菜をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野菜が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の野菜が一番安価で
おいしくて簡単「蕪」の昆布漬けを作ってみよう!!
日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物は安全で格別です。日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜や果物が手に入ります。材料

 

スポンサードリンク



Pocket
LINEで送る

タイトルとURLをコピーしました