納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」その驚くべき効能とは?

健康
Pocket
LINEで送る

四季のある日本には季節ごとにさまざまな植物が生育しています。
その中には、古くから健康茶や野草茶として愛飲されているものも数多く存在します。
このサイトでは、そんな健康茶や野草茶として知られる、野菜や植物の効能や成分、淹れ方などを紹介しています。

 

納豆とは

納豆(なっとう)は、大豆を蒸して納豆菌によって発酵させた発酵食品です。
ナット―キナーゼはこの大豆から納豆に加工することで生まれ、様々な効果があるといわれています。

ネバネバ納豆

納豆の成分は

納豆に含まれるさまざまな成分には
次のようなものがあります。

●タンパク質
●ビタミン
●ミネラル
●食物繊維
●カリウム
●ムチン
●ポリグルタミン酸
●ビタミンE
●ビタミンB1
●ビタミンB2
●ビタミンK
●ビタミンK2
●セレン
●レシチン
●タンパク質
●ナットウキナーゼ
●イソフラボン

納豆ご飯

納豆の効能は

納豆に含まれる様々な効能から代表的なものを
あげてみると
■高血圧の予防に
納豆に多く含まれるンパク質とビタミン類、リノール酸が体内のコレステロールを低下し、またビタミンEが動脈硬化症の予防になると言われています。

■血栓の予防に
納豆に含まれるナットウキナーゼは高い血栓溶解効果を発揮するといわれています。
血栓のつまりやごみをきれいに掃除してくれるナット―キナーゼの効果が注目されています。

 

スポンサードリンク



 

■母乳中の栄養に
母乳を与えている母親が納豆を積極的に摂取することで母乳中のビタミンKが増加し血液をサラサラにしてくれます。

■二日酔いの予防に
納豆の粘りが胃腸の膜になりアルコールの刺激から保護してくれるだけでなく、ビタミンB2アルコールの分解を促してくれます。

■便秘解消に納豆
納豆に含まれる植物繊維が胃腸の消化を活発にし便秘の解消を助けます。

■ダイエット効果
納豆の植物繊維によって便秘が解消されるだけでなくビタミンB2は、脂肪を燃やしてエネルギーになり、植物性脂肪のリノール酸にはコレステロールを低下する効果がありダイエットに役立ちます。

■成長さかりのお子さんに
納豆に含まれているビタミンB2は、発育盛りの子供にとって不可欠な物質です。
栄養価も高い納豆をたくさん摂らせてあげましょう。

朝食・納豆

■疲労回復に
体内でエネルギー源として燃焼して代謝する時に必要な納豆には三大栄養素糖質、タンパン質、脂肪が多く含まれ、また疲れをとるビタミンB1も含まれています。

■貧血に効く納豆
納豆に含まれる血液をふやす良質の貧血をなおすには、栄養をつけて、血液をふやす事が基本です。
それには、鉄やミネラル、良質のタンパク質、それに、ビタミンB12という造血ビタミンをそろえている納豆は理想的です。

■老化防止になる納豆
納豆には、ビタミンB2と共にビタミンEも含まれています。
それぞれ過酸化脂質の生成を阻止したり分解します。
過酸化脂肪はリノール酸が酸化して作られる物質で、私達の体の細胞を老化させてしまいます。
ビタミンB2とビタミンEは、老化予防に役立ちます。

納豆

■骨粗鬆症の予防に
納豆に含まれるイソフラボン「女性のホルモン」と言われイソフラボンを摂取すると、骨が丈夫になり骨粗鬆症を予防することができます。
ビタミンK2は骨の形成を強化すると同時に、骨からカルシウムが流出していくのを抑える働きを持つ成分です。

 

その他にも納豆には
美容・美肌効果
更年期の中性脂肪抑御)
高血圧予防)
ダイエット効果
疲労回復・免疫力強化)
整腸
骨元気・老化防止
風邪・インフルエンザ予防
抗菌殺作用

などなどたくさんの効能が期待できる納豆
美味しくて安価で栄養がある3拍子そろった
優等生食品の納豆をもっと取り入れていきたいものですね。

 


 

こちらの記事もおすすめ

自家製 オレンジ酒の作り方と保存方法
オレンジ(orange)は、インドのアッサム地方を原産とする ミカン科ミカン属の常緑小高木になる果実です。 フレッシュな果実は生食されるほかジュースやジャム、スム ージーなどに利用されます。
ハーブ「コリアンダー」の淹れ方、効能、育て方
コリアンダーとはコリアンダー(Coriander)は地中海東部を原産とするセリ科の一年草です。日本ではパクチーとも呼ばれ近年急激に浸透し注目を浴びている野菜で独特の香りと味が特徴です。コリアンダーティーの主な有効成分・フラボノイド・フェノー
切り干し大根の作り方ともどし方
大根は一年中スーパーの店頭に並んでますが旬は冬です。 冬の大根は水分を含み甘くておいしくて安価です。 冬は湿気が少なくきれいに乾燥することができます。きれいな 大根が手に入ったら是非一度チャレンジしてみましょう。
ハックルベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ハックルベリーは、ナス科の植物でブルーベリーを 大きくしたような実がなり食用になります。 ハックルベリーは主に、フレッシュジュースやスープ、 ジャム、キャンディー、パンケーキ、サラダドレッシング などに用いられます。
ブロッコリースプラウトの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
スプラウトとは、穀類や豆類、野菜の種子の発芽したもので ブロッコリースプラウトはブロッコリーの新芽です。 新芽野菜のもっとも一般的なのはもやしで、さまざまな料理に 使われています。
おいしくて簡単「蕪」の昆布漬けを作ってみよう!!
蕪は、アブラナ科アブラナ属の越年野菜でカブラ スズナなどとも呼ばれます。 肥大した球形の根を食用とされ、大根よりは実が柔らかい ので漬物にもぴったりです。

 

スポンサードリンク



 

注意
このサイトで紹介しているお茶の効能につきましては一般的に伝えられている情報などをもとにしており、すべての方に効果があることを保証するものではございません。
お薬を飲まれている方、持病のある方、また妊娠されている方など気になる方は、医師にご相談の上お試しいただくようお願いします。
Pocket
LINEで送る

タイトルとURLをコピーしました