慢性頭痛を改善し快適に暮らすには

健康

頭痛にはさまざまな種類がありますが
頭痛の症状の80%は慢性頭痛によると
言われています。

 

%e9%a0%ad%e7%97%9b1

 

慢性頭痛は、脳自体には異常が全くなく
原因がはっきりしないまま、繰り返し起こるタイプです。
「頭痛持ち」といわれるタイプで
偏頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛
の3つに分類されています。

ここではそのなかでも慢性頭痛の大半を占めるという
緊張型頭痛をとりあげてみたいとおもいます。

頭痛のおこる原因

●日常的に首や肩がこりやすい
●運動不足で筋肉が少ない
●コンピュータなどに向かう時間が長い
●精神的なストレスや過労
●眼精疲労がある
●首の骨などに歪みがある
●ストレスや精神的に緊張することが多い

完全主義で神経質といった性格も頭痛になる
要素があると言われています。

 

%e9%a0%ad%e7%97%9b%ef%bc%92

 

頭痛の症状

●後頭部に痛みが走る
●頭を締め付けられている感じの痛みがある
●頭が重い感じがする
●めまいがする。フワフワする感じ
●ギリギリと頭をしめつけられるような痛み
●頭がぎゅーっと締め付けられるような感じがする
●頭が張っっているような感じがある
●頭痛が続く何日も続く
●後頭部から首筋にかけてズキズキする。

スポンサードリンク



頭痛の対処法

●適度な運動を習慣に
無理せず続けられる運動をできれば毎日行い
背筋や腹筋を日頃から鍛えていきましょう。
●40度くらいのややぬるめのお湯にゆっくりつかる
●頭痛の対処にはアルコールを飲まない。
●首や肩のまわりを温湿布、ホットタオル等で温める
●ストレッチをする。
入浴時などに腕を上げる。肩を持ち上げストンと落とす
等のマッサージを行うと効果的です。

 

%e9%a0%ad%e7%97%9b%ef%bc%93

 

 

●よい姿勢を保ち筋肉の収縮を防ぐ
●軽くマッサージをする。

頭痛緩和に役立つ栄養源

●オメガ3脂肪酸
オメガ3脂肪酸は、炎症をおさえる効果があり
慢性頭痛を和らげてくれます。
オメガ3脂肪酸を含む食品
サーモン、青魚、マグロ、イワシ、サバ

●ビタミンC
即効性があり頭がスッキリします。
ビタミンCを含む食品
アセロラ・ピーマン・芽キャベツ・柿・いちご
ほうれん草・小松菜・ブロッコリー・オレンジ

 

%e9%a0%ad%e7%97%9b%ef%bc%94

 

●ビタミンB2
ビタミンBには血圧を下げる働きが頭痛に
効果があります
ビタミンB2が豊富な食べ物
ヨーグルト・豚肉・牛乳・レバー・うなぎ・ほうれん草

●マグネシウム
血管を弛緩させることによって、頭痛を緩和させる効果がある
マグネシウムを多く含む食べ物
バナナ・カシューナッツ・干しひじき・玄米・干しえび

その他カフェインにも
頭痛に効果があると言われています。
過剰に摂取すると逆に頭痛を引き起こしてしまうので
注意しましょう。

 

%e9%a0%ad%e7%97%9b%ef%bc%95

逆に頭痛を誘発する食べ物には
ポリフェノールが豊富な食べ物があります。
ポリフェノールは血管を拡張することによって片頭痛
を引き起こすと言われ赤ワイン・チョコレート
オリーブオイル等に含まれています。

またチラミンを多く含む食品チーズ・玉ねぎ・
ピーナッツバター・イチジクなども
も血管を収縮させる作用があり
片頭痛が起きやすいと言われています。

頭痛に効くツボ

●百会(ひゃくえ)
●太陽(たいよう)
●天柱(てんちゅう)
●風池(ふうち)
●完骨(かんこつ)
●風門(ふうもん)

指の平でゆっくり円を描くようにまた
痛すぎず気持ちの良い程度におさえます。

民間治療

●生姜湯
血管縮小効果があり、
頭痛に効く場合があります。

生姜湯の作り方
生姜の絞り汁
黒砂糖または蜂蜜など
をコップに入れお湯を注いで
飲みます

頭が痛くなる前から日常生活に気をつけて
運動などを取り入れる等工夫し快適な生活を送りましょう。

 

こちらの記事もおすすめ

自家製 生姜酒の作り方と保存方法
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。これらの果物を果樹酒にすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。素材だけで手作りしたジャムは安心していただくことができます。コツをつかめば簡単にさまざまな果物
ハーブティー「ゴツコーラティー」の効果・効能
ゴツコーラ(gotu kola)はインドを原産とするセリ科セリ科の多年草で和名ではツボクサと呼ばれています。日本でも関東地方より西側に分布し道端や野原で普通に見かけることができます。夏に赤みがかった紫色の花をつけ、ティーには茎の部分を利用し
干しシイタケの作り方ともどし方
椎茸の成分エルゴステロールは日光に当たることによってビタミンDに変わるため干すことでビタミンDの含有量が増えます。ビタミンDは骨を丈夫にしたり、骨粗鬆症予防などにも役立ちます。
ハックルベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
ルッコラの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ルッコラにはβ―カロテンやビタミンEが豊富に含まれておりアンチエイジング効果や生活習慣病予防などに効果があるとされています。また免疫効果を高める働きのあるビタミンCも豊富に含まれ風邪予防やや疲労回復効果が期待されます。
おいしくて簡単「数の子」のワサビ漬けを作ってみよう!!
数の子にはDHAやEPAが豊富に含まれています。DHAやEPAは体内で作ることができません。DHAやEPAには抗アレルギー作用や血圧を下げる働きがあり、生活習慣病の予防などの効果がも期待されます。また肥満の予防にも役立ちます。

 

スポンサードリンク




タイトルとURLをコピーしました