「イチョウ葉茶」の効能・効果と注意点とは?

健康
Pocket
LINEで送る

秋には美しい紅葉で人々を楽しませその実は食材と
して幅広く知られているイチョウですがここでは
乾燥させたイチョウの葉で作る健康茶しての
「イチョウ葉茶」の効能について調べてみたいと思います。
イチョウは日本だけでなくヨーロッパでも研究が進み
優れた健康食品として知られています。

イチョウ

イチョウ(銀杏)
学名:Ginkgo bilobaで
属性:イチョウ科裸子植物
産地: 日本・中国・朝鮮半島

イチョウ

  イチョウの有効成分

ギンコライド
ケルセチン
ケンフェロール
プロアントシアニジン
ルチン
イソラムネチン
ピロパライド
クエルシトリン
ビオフラボン
シトステロール
カテキン
ラクトン
テポニン
アントシアニン、
シリマリン
テルペン
カフェイン

 

  イチョウ葉の効能

■脳機能を改善
イチョウの葉の効能でもっともよく知られているのは
認知症、記憶障害などの改善、効能ではないでしょうか

ヨーロッパやドイツでは認知症予防に使われており
イチョウの葉には10種のフラボノイドが含まれており
アルツハイマーや記憶障害などの脳機能改善に
役立つと言われています。

■血液浄化作用
イチョウの葉に含まれるフラボノイドは毛細血管を
拡張し血流を促進する血液浄化作用があると言われ
ています。

■抗酸化作用

フラボノイドにはの活性酸素の発生を抑制する
強力な抗酸化作用があり血液をサラサラにし
血流がよくなることで動脈硬化や高血圧の予防に
やくだちます。

■老化防止

活性酸素は細胞膜を酸化させ細胞を老化させますが
イチョウ葉エキスの抗酸化作用は、細胞を老化から
守り、美肌を維持する効果もあるのです。

■冷え性の改善
イチョウ葉には血管を収縮させるトランボキサンA2
を抑制する効果があり血管を拡張させることによって
末梢血管の血流を活性化させる為冷え性の改善が
期待できます。

その他にも
肩こり、めまい、耳鳴り、生理痛、頭痛の緩和
老化による聴力障害、血栓症、高山病、平衡感覚障害
コレステロールの低下
など様々効果がなあるといわれています。

スポンサードリンク



  イチョウ葉茶の副作用・注意点

このようにさまざまな効果・効能が期待できるイチョウ葉
ですが注意点もありました。
イチョウには「ギンコール酸」というアレルギー物質が
含まれています。
お茶は煮にすぎないように注意し安全性の高い製品を
選びましょう。
アレルギー反応が見られた場合はすぐに飲むのをやめ
専門医に相談しましょう。

イチョウ

  イチョウ茶の飲み方

やかんに水1リットルにつき大さじ1杯~2杯を入れ
沸騰後泡が持続する程度の、とろ火で7分~8分煮詰めます。
急須の場合は大さじ1~2杯を入れ熱湯を注いで
お好みの濃さになるまで蒸らせばOK。

イチョウ茶

2億年も前から存在していたというイチョウには
10種類以上のフラボノイドが含まれ驚くべき効果・効能
がありました。
高齢者の健康食品として知られるイチョウですが若い人の
学習効果、記憶効果を高める効果も期待できます。
ノンカフェインで飲みやすいイチョウ茶エキス
その効能、注意点を知り健康のために是非取り入れて
みてはいかがでしょうか?

 

 

こちらの記事もおすすめ

リンゴジャムの作り方と保存方法
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。これらの果物をジャムにすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。素材だけで手作りしたジャムは安心して食べられます。コツをつかめば簡単にさまざまな果物をジャムに
ハーブティー「スペアミントティー」の効果・効能
スペアミント(spearmint)はヨーロッパを原産とするシソ科の多年です。和名はミドリハッカ(緑薄荷)オランダハッカ(オランダ薄荷)チリメンハッカ(チリメン薄荷)などと呼ばれており夏から秋にかけ白い花を咲かせます。独特の芳香があり古くから
ドライレモンの作り方ともどし方
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。野菜や果物には乾燥することによ
ピンクグレープフルーツの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
ナタマメの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の野菜をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野菜が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の野菜が一番安価で
おいしくて簡単「ラディッシュ」の糠漬けを漬けてみよう!!
日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物は安全で格別です。日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜や果物が手に入ります。材料

 

スポンサードリンク



Pocket
LINEで送る

タイトルとURLをコピーしました