閃輝暗点の兆候が現れる前に偏頭痛を予防するには

健康
Pocket
LINEで送る

辛い偏頭痛に悩まされていませんか?
周期的にやってくる針でもさされているような痛み
偏頭痛に悩まされている人は非常に多くいます。

ひどくなると家事や仕事にも支障をきたす
偏頭痛ですが
周りからはあまり理解されないことも多く辛い
思いをされている方も少なくありません。

%e9%a0%ad%e7%97%9b1

①偏頭痛の特徴

女性ホルモンに関係があり女性に多いのが特徴です。
片頭痛は、脈に合わせてズキンズキンとした痛みが
頭の片側に限らず両側、あるいは後頭部にも発作的に出ることがあります。
さらに片頭痛がひどくなると頭全体に痛みが広がり
吐き気や嘔吐を伴うこともあります
片頭痛は頭の血管が過度に拡張することが原因と考えられています。

②偏頭痛の前兆
人によってはギザギザした光が見えたり
チカチカ(閃輝暗点せんきあんてん)
したものが見えたりします。
チカチカがなくなったあと
何時間もしないうちに徐々に気持ち悪くなり
偏頭痛になりそれが3~4日も続きます。

%e3%82%a6%e3%82%ad%e3%83%99%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2%e5%8f%82%e7%85%a7%e5%81%8f%e9%a0%ad%e7%97%9b%ef%bc%92%e9%96%83%e8%bc%9d%e6%9a%97%e7%82%b9
ウキベディア参照

頭痛には病気がかくれている場合もありますので
一度診察してもらうのがおすすめですが
診察してもらってもとくに異常が見られない場合

対処法としては、
●濃いめのコーヒーをまた紅茶、緑茶などを飲む。
これらの飲み物にはカフェインが多く含まれていますが

%e7%89%87%e9%a0%ad%e7%97%9b%ef%bc%93

血管拡張が原因で起こる偏頭痛に
カフェインには血管縮小の作用があります

●患部(こめかみから前頭部)
を冷却グッズ等で冷やす。
片頭痛は頭の血管の過度な拡張が原因ですから、
痛む場所を冷やすと血管が収縮して痛みが軽くなります。

●人ごみを避け暗い静かな場所で休む
眩しい光や人ごみの騒音が痛みを誘引するためです。

●痛む側の耳の上、やや前方を少し強めに押しましょう。
その部分にある側頭動脈の拡張を抑えます。

●痛みを直接誘引すると言われるチラミンが含まれる
食品
チョコレート、ワイン、チーズハム
アルコール、バナナなどは
血管を拡張させるので避けましょう。

●スマフォから離れる
原因はよくわかりませんが
スマフォによって頭痛が誘引加速する場合があります。

●薬はなるべく飲みたくないですが
自然に治るということはむずかしいので
偏頭痛薬をできるだけ痛みはじめに服用するのが
おすすめです。

スポンサードリンク



民間療法
むかしからある民間療法も試してみましょう。

●ハーブ
気分を沈めたり、頭痛を抑える効果がある
ハーブもおすすめです。

●しょうが湯
血管の急激な収縮や拡張を防ぐ作用があり、
頭痛に効くだけでなくその香りから
リラックス効果もあります。

しょうが湯のつくりかた
生姜をすりおろしお湯をそそぐだけです。
これだけだと飲みにくいので
はちみつなどをいれるといいです。

●梅醤番茶(うめしょうばんちゃ)

梅干と生姜が代謝を促し醤油の塩分
番茶の有効成分があわさり
効果をあらわします。

梅醤番茶のつくりかた
梅干の種をとり湯呑にいれる
生姜の絞り汁
醤油(小さじ1)をいれ練る
暑い番茶をそそぐ

●ツボ

偏頭痛に効くツボ

天容(てんよう)
完骨の下の方
筋をマッサージする

完骨(かんこつ)
耳の後ろ骨の膨らみから指1本にあたる
指を押し込む要領ではじめは弱くやりましょう。

%e8%82%a9%e3%81%93%e3%82%8a%ef%bc%92

片頭痛の予防

●偏頭痛によくなる人は日頃から食生活に気をつけストレスを
ためない規則正しい生活をこころがけましょう。

●日頃からビタミンB2とマグネシウムをとるように
気をつける

マグネシウムを含む食品
大豆製品、魚介類、海藻、木の実、ごま

ビタミンB2を含む食品
レバー、納豆、うなぎ、卵、魚肉ソーセージ

これらの製品を摂取し続けるのはなかなかたいへん
という方は
サプリ等でで摂るという方法もあります。
よく偏頭痛がおこるというかたは
早めに予防に努めていきましょう。

 


 

こちらの記事もおすすめ

429 Too Many Requests
https://harbe-tea.com/gotu-kola
干しシイタケの作り方ともどし方
椎茸の成分エルゴステロールは日光に当たることによってビタミンDに変わるため干すことでビタミンDの含有量が増えます。ビタミンDは骨を丈夫にしたり、骨粗鬆症予防などにも役立ちます。
ハックルベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
ルッコラの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ルッコラにはβ―カロテンやビタミンEが豊富に含まれておりアンチエイジング効果や生活習慣病予防などに効果があるとされています。また免疫効果を高める働きのあるビタミンCも豊富に含まれ風邪予防やや疲労回復効果が期待されます。
https://hoshi-yasai.com/pickles/kazunoko-wasabidzuke

 

スポンサードリンク



Pocket
LINEで送る

タイトルとURLをコピーしました